政府は18日午前の閣議で17年の特定秘密の指定状況に関する国会報告を決定。17年末時点の指定は517件で前年より30件増加。特定秘密が記録された文書の保有件数は5万7550件増の38万3733件でいずれも3年連続で増加した。情報を入手する前に特定秘密に指定する際、運用を厳格化する方針も盛り込んだ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら