出場機会の少ないラッシュフォードやマルシアルらが起用に不満

 ポルトガルの強FCポルトスペインの名門バルセロナで活躍した元ポルトガル代表MFデコ氏が、選手との対立があとを絶たない恩師ジョゼ・モウリーニョ監督マンチェスター・ユナイテッド)を「彼は一貫して変わらない」と擁護している。英公共放送スカイスポーツ」が報じた。

 FCポルトUEFAチャンピオンズリーグCL)優勝を経験し、その後にチェルシーインテルレアル・マドリードといったビッグクラブタイトルを獲得してきたモウリーニョ監督。圧倒的な実績とカリスマ性がある一方で、その強な物言いなどから選手との対立もあとを絶たない。

 今季ユナテッドでは冠に終わったが、出場機会の少ないイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードフランス代表FWアンソニー・マルシアルらが不満を持ち、移籍を希望していると伝えられている。少しずつだが選手との間に溝ができ始めているようだ。

 こうした状況でポルトガル指揮官を擁護しているのが、かつてポルトでともにビッグイヤーを掲げた同胞のデコ氏だ。

「彼はいつだって変わらない。彼は彼の仕事をやっている。監督と選手の間で問題が起こるのは普通のことだ。そのことは彼が一番よく分かっている」


ユナテッドは2、3人の新戦を加えるだろう」

 デコ氏はかつての恩師の振る舞いはいたって普通のことだとしている。一貫した姿勢は、ポルトガルでまだ名だった頃から変わっていないという。

ポルトガルでは最初の2、3年間タイトルが獲れず彼にも大きなプレッシャーがあった。でも、彼は今と同じだったと思うよ。選手が変わり、時間も経った。あの頃とは選手の反応が変わったんだろうね」

 また、デコ氏はマンチェスター・シティの後を拝してタイトルとは縁がなかった“モウ・ユナテッド”について「プレミアリーグでシティがやってのけたことは普通じゃない」とシティの一強状態だったことを強調。「ユナテッドはよく競っていた。多くの試合でとても良かったわけではないが、シティは再現するのが難しいほど素らしかった」と話し、モウリーニョ監督揮に問題はなかったとしている。

ユナテッドはこのまま正しいを進んでいく必要がある。彼らは良い選手がっている。来季に向けてはおそらく2、3人の新戦を加えるだろう。彼らはよくやっていると思うよ」

 40歳となったデコ氏は変わらないスタイルで戦い続けるかつての恩師にエールを送っていた。


Football ZONE web編集部)

デコ氏(右)が恩師・モウリーニョ監督(左)を擁護【写真:Getty Images】