GG賞名手リンドーアが演じたスーパープレーに反響「レジェンドが作られていく」

 米大リーグで屈指の名遊撃手がゴロを素手キャッチし、そのままアンダー気味に矢のような送球を披露。胸のすくようなプレーで打者をアウトにした絶品のスーパープレーをMLBが公開。「滑らかなプレー」「レジェンドが作られていく」「衝撃的なプレー」などとファンに反響を呼んでいる。

 やっぱり、メジャーの遊撃手は華がある。一つのプレーで脚光を浴びているのは、インディアンスの名手、フランシスコ・リンドーア内野手だ。

 16日(日本時間17日)のタイガース戦、5-0とリードして迎えた4回先頭の守備の場面だった。打者レイエスはカウント1-2から鋭く振り抜いた。打球が投手の足元をすり抜け、二遊間へ転がった。しかし、マウンドに当たってやや減速し、弱まった。内野安打か――。そう思った次の瞬間だった。猛然とチャージしたのが、遊撃手のリンドーアだ。

 二塁ベースの手前で捕球に入ると、左手のグラブではなく、右手の素手でさっと拾い上げる。そして、上体を起こすことなく、送球体勢に入った。2、3本で踏み切ると、アンダー気味に腕を振った。ところが、体勢を崩していたとは思えないような力強い送球を一塁へ送った。タイミングは間一髪。アウトにしてみせた。

送球後も倒れ込まず…実況は絶叫「アンビリーバブル!」

 敵地に大きな拍手が鳴り響いた。実況は「アンビリーバブル!」と絶叫。打者も驚いた表情で引き揚げていく。しかし、当のリンドーアは事もなげな表情だから、なんとも憎らしい。

 MLBは「心配するな、リンドーアが後ろについてるから」と題し、公式ツイッターに動画付きで公開。映像を観ると、リンドーアがボールを拾い上げてから送球まで、わずか0.5秒。体勢が整わなくてもしっかりと送球し、その後も地面に倒れ込んでいない。いかに肩と体幹が強いか見て取れる。圧巻の身体能力を目の当たりにしたファンも続々と驚きの声を上げていた。

「滑らかなプレー」「レジェンドが作られていく」「衝撃的なプレー」などとコメントがつけられていた。リンドーアといえば、16年にゴールドグラブ賞を受賞し、プエルトリコ代表として準優勝した昨年のWBCでは最優秀遊撃手に輝いた。メジャーでも屈指の名手。今季もファンをワクワクさせるようなプレーをまだまだ見せてくれそうだ。(THE ANSWER編集部)

インディアンスのフランシスコ・リンドーア【写真:Getty Images】