世界されるダンスエンタインメント『バーン・ザ・フロア Joy of Dancing』が5月17日に開幕。それに先がけ第1部のリハーサルと囲み会見が行われ、会見には演出・振付を手掛けるピータ・ロビーと出演者のダンサー6名(グスタホ・ヴィグリオ、ヴィクトリア・マーティン、アルベルトファッシオ、ローレンオークレイ、ジョルジョ・イオリ、ヤラスラヴァ・ソコロヴァ)、さらにスペシャルサポーターを務める柴田英嗣(アンタッチャブル)、村上佳菜子進陪が登壇した。

【チケット情報はこちら】

冒頭で、カンパニー創設者でプロデューサーハーレーメガドフが「今回のパフォーマンスはかつてない最高のものをご覧いただけるはずです。ダンスに言葉は必要ありません。“Joy of Dancing”ということで皆さんご一緒に素晴らしいパフォーマンスを楽しんでいただければ」と挨拶し、リハーサルスタート世界トップレベルダンサーによるパフォーマンスは圧巻で、ワルツやタンゴ、サンバ、ルンバとノンストップで繰り広げられる“ダンスフルコース”で、ありとあらゆるダンスの楽しさを堪できる。特に今回は、プリンスKiss』やジェームス・ブラウン『I Feel Good』『Sex Machine』、マイケル・ジャクソンSmooth Criminal』など、日本でも染みのあるヒット曲がたっぷり。それぞれの音楽に合わせた演出はもちろん、たった4人でさまざまなジャンル音楽を奏でる生演奏や、迫の生歌唱、やかな衣の数々などにもぜひ注してほしい。ダンスを知っていても知らなくても、もが楽しめるステージとなっている。

ゲネプロ後に行われた囲み会見では、柴田が「今までも(稽古を見学して)感動していたのですが、今日ステージを観て驚いています。こんなにもすごいステージになるとは!」と大奮。プロフィギュアスケーターとして活躍する村上は「小さい頃から『バーン・ザ・フロア』が大好きで観ていました。眼がふたつじゃ足りないって思うくらい観るところも楽しむところもたくさんあった」とると、吹も「いつきをしたらいいの、みたいな!気が付いたら口を開けたまま観ていました(笑)ダンス興味がない方にも観てほしい!」とコメントプロダンサーとして「ショー自体も素晴らしいのですが、生の演奏と生の歌で迫が全然違いますね!」と絶賛した。

演出・振付のピータが「カンパニー創設20周年、日本では10回の特別な演」と思い入れをったスペシャル演は、5月21日)まで東京東急シアターオーブ5月25日)から28日()まで大阪フェスティバルホールにて上演中。東京演は演前日まで当日引換券を発売中。

取材・文:中川

『バーン・ザ・フロア Joy of Dancing』 撮影:阿久津知宏