アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦で日大の守備選手が関学大の攻撃選手に悪質なタックルをして負傷させたことについて、林芳正文科相は18日の会見で「看過できず、非常に危険な行為」と語った。また「早期の問題解決を望んでいる」と述べ、関東学連規律委の調査結果を踏まえて、対応していく考えを示した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

林芳正文科相