俳優黒羽麻璃央(くろばまりお)が、17日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系/毎週木曜22時)に出演し、ファンからもらった驚きのプレゼントを明かした。

【写真】「黒羽麻璃央」フォトギャラリー

 2012年俳優デビューした黒羽漫画アニメなど2次元の作品を舞台化した「2.5次元舞台」に出演する「2.5次元王子様」として女性を中心に人気を集めている。7月誕生日イベントは、12,000円のチケットが即売したという。
 
 そんな黒羽は2年前、ファンから驚きのプレゼントをもらったという。イベント30歳ぐらいのOLから、小で「この中に、土地の所有権入ってるんで使ってください」と土地の権利書を受け取ったというのだ。スタジオから驚きのがあがる中、黒羽女性意として「ファンを離れるんで最後にプレゼントとして」と説明すると、ダウンタウン浜田雅功は「手切れみたいになってる」と摘して笑いを誘った。黒羽は「当時は怖くてとりあえずマネージャーに渡して」と、マネージャーに託したと話していた。
 
 そんな黒羽俳優すきっかけとなったのは、同じくこの日のゲスト陣内孝則だった。小学生の頃、ビートたけし原作ドラマ『菊次郎とさき』で陣内納豆を食べるシーンを見て「初めて人生で、この人の芝居すごいな」と思ったという。
 
 同作で、たけし・菊次郎を演じていた陣内。彼は劇中、納豆を食べる際、「が出るくらいこうやって」と、かなり上まで糸を引きながらかき混ぜていたと回顧。「ただね、そういう細かいところにこだわるとね、俳優として伸び悩む」と自虐コメントスタジオを笑わせていた。

「2.5次元の王子様」黒羽麻璃央がもらった驚きのプレゼントとは… クランクイン!