●『その男、凶暴につき』からのアウトロー役
『アウトレイジ ビヨンド』『アウトレイジ 最終章』で、日韓に影響力を持つフィクサー・張会長の側近・李を演じた白竜(65)。“非道な行為”を意味する「アウトレイジ」を地で行く男……というと誤解を招きそうだが、北野監督作の『その男、凶暴につき』(89)で演じた殺し屋・清弘の凶暴性は鮮烈で、その後もアウトロー役が続々と舞い込んだことからも、「アウトレイジ」が白竜にとって親和性の高い言葉であることが分かる。

2017年10月から11月にかけて、映画『アウトレイジ 最終章』のスタッフ5名に接触したインタビュー連載「暴走の黒幕」(第1回:監督・北野武 第2回:プロデューサー・森昌行 第3回:音楽・鈴木慶一 第4回:美術・磯田典宏 第5回:チーフ助監督・稲葉博文)では、北野組の深部に迫ったが、今回はDVD・Blu-ray発売に合わせて新たに3人を取材した。

録音・久連石由文氏、編集・太田義則氏に続いてラストを飾る白竜は、「アウトレイジ」シリーズ最後の番人ともいえるのではないか。張会長の側近・李は、ビートたけし演じる大友を見守り続け、ある決断をする。

インタビューでは、北野武との奇縁から島田紳助さんの言葉を経て、やがては俳優として覚醒していく過程が見て取れる。なお、今回の取材は白竜の自宅で行われた。中田(塩見三省)と花田(ピエール瀧)もきっとこんな気持ちだったのでは……そんな緊張や不安は、「アウトレイジ」とはかけ離れた笑顔で程なく吹き飛ぶことになる。

○『その男、凶暴につき』警察署長役から殺し屋役に

――最初の北野組は『その男、凶暴につき』の殺し屋・清弘。当初の予定とは全く違う役になったそうですね。

ええ、もう時効だと思って、いろんなところで話しています(笑)。最初は警察署長の役でした。渋谷のスタジオでドラマを撮っていた当時、マネージャーから「北野監督がオーディションをやってるそうですよ」と聞いて。その少し前に六本木で一緒に飲んだこともあって、そのオーディション会場までご挨拶に伺いました。オールバックでロングコートを着ていたんですが、そこにいる人たちにジーッと見られてしまって。次の日に電話があって、役が代わったと。セリフが少なくなったとも聞いたので、まぁいいかなと(笑)。

――警察署長役は、どのようなきっかけだったんですか?

どういう経緯かあまり覚えていないのですが……台本をいただいた時点では警察署長役でした。役者経験なんて、ほとんどない頃です。

たけしさんと初めてお会いしたのは……内田裕也さん主催の「NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL」だったと思います。たけしさんがバンドをやっていらっしゃって、「曲を作ってほしい」みたいなオーダーがあったんですよね。お互い忙しくてなかなか進めることができなかったんですが、ある日、六本木で飲むことになって、そこで映画の話を伺いました。

――警察署長と殺し屋。だいぶ違いますね(笑)。

本当にね(笑)。どうしていいのか分からなかったので、素のままでやりました。監督からも、あまり具体的な指示もなく。「これでいいのかな」と思っているうちにどんどん撮影が進んでいきました。役者経験が豊富な方ですごく作り込んでいる方には、「普通にしてくれ」とおっしゃっていたので、自分はこのままでいいのかなと(笑)。

――『その男~』がきっかけでアウトローの役が増えていったと聞きました。

そうですね。音楽に関してはプロ意識があったんですが、映画は「手伝い」というか。役者をやったのも、さっき言ったような流れなので。たけしさんとのご縁も1度きりだと思っていました。ある映画では、酒ばっかり飲んでるような監督がいたり、毎日セリフが変わって新しいセリフがペライチで届いてきたり。台本があるのに、全く違う内容になるんですよ。当時は、映画界っていい加減だなぁと感じました。

○『みんな~やってるか!』『HANA-BI』抜てき秘話

――その後、『みんな~やってるか!』(95)に出演。これも同じような流れなんですか?

どうだったかなぁ。当時、滝田洋二郎監督の『熱帯楽園倶楽部』(94)という映画でタイで撮影してたんですが、すごく真っ黒に日焼けてしまいまして。帰国してから、北野監督の陣中見舞いで撮影所に行ったんですよ。たしかその時に、「出てくれ」と言われたんじゃなかったかなぁ……。

『HANA-BI』(97)は、監督から「今度白竜さんにやってもらわなきゃいけない役がある」とおっしゃっていただいて。『その男~』と同じようなアウトロー系で出たのは久しぶりでしたね。けど、監督はキャスティングの時点でプランが固まっていると思いますので、素のままでいけば監督が料理してくれるという安心感があります(笑)。

●「自分はロックミュージシャン」の逃げ道
――演出面で変化を感じることはないんですか?

ええ、基本的には(笑)。映画の作り方も、基本的な部分では変わってないんじゃないですかね? もちろん、18本も撮っているわけですから、テクニックの部分では進化しているところも必ずあると思いますが。精神的な面は変わらないです。

――その後は、『アウトレイジ ビヨンド』(12)に出演。北野組常連の役者さんは、あまり出ていない作品ですね。

そうですね。北野監督の映画は、俳優さんであればどんな役でも出たいと思うんですけど、僕はなぜこのポジションに呼んでくれるのか、いつも不思議なんです。よく分からない。そういう縁があるんだろうなとは思いますが。張会長役の金田(時男)さんともご縁がありまして。実は、僕の友人の先輩なんです。

――金田さんは、演技経験がない中での抜てきでしたね。

横浜でお食事させていただいた時に、きっかけをお聞きしました。一人で家に帰ったら誰もいなくて、テレビをつけたら松田優作さんのドキュメンタリー番組をやっていたそうです。それをずっと見ていたら、ふと「映画俳優をやってみたい」と。それで、監督に連絡をしてみたそうです。僕はそんな金田さんのナンバー2みたいな役。不思議な縁を感じますよね。

――『アウトレイジ 最終章』(17)では、すっかり名コンビの印象でした。中田(塩見三省)と花田(ピエール瀧)から慰謝料として渡された3,000万円を受け取らず、合計6,000万円にして突き返して。

はははっ! Vシネマでそういうシーンを撮って来ましたが、全然パンチきいてますよね(笑)。セリフにしても、監督は一体どこで勉強されているんだろうかと。シナリオライターも優秀な人はたくさんいるんですけど、やっぱりみんながイメージするような“ヤクザ”っぽく書こうとしちゃう。けど監督はそうではなくて、「得体の知れない人間」の描き方が本当にうまいですよ。

○継続が実った俳優業

――先ほど、仕事に対する「プロ意識」の話がありましたが、俳優業はどのあたりで「プロ意識」を実感するようになったのでしょうか。

島田紳助さん(2011年に引退)と2時間ぐらいのトーク番組でご一緒したことがあって、紳助さんから「白竜さんは歌手ですか? 役者ですか?」と聞かれた時に、「よく分からなくなっちゃって」と答えたんです。すると、紳助さんが「簡単ですよ。今、収入が多い方が本業ですよ」と。

「自分はロックミュージシャン」そんな逃げ道を作っていました。でも、これだけやってきたんだから、もう逃げられない。紳助さんとお話した時にそう思いました。

僕はせっかちなタイプで、進行が遅い監督だとたぶんイライラしてしまうと思うんです。でも、僕を使ってくださる監督はみんな早いんですよね。だから、良い監督は早いと僕は勝手に思ってます(笑)。たまにたくさん撮る方もいますけど、だいたい使うカットは決まってるんですよね。

――俳優業との向き合い方も変わっていったんですか?

ありがたいことに……といっていいのか分かりませんが、同じようなキャラクターが多いんですよ。北野監督のおかげで、これまでVシネマは300本ぐらいやらせていただきました。半分ぐらいは主演です。その世界のシリーズものをずっとやっていくと、そっちの時間にかまけてしまう。脚本を読んで現場に行って、また次を読んで。それを十何年も繰り返して来たので……特別努力をしたような感覚はないんですよね。継続してきたものが今につながったというか。

――継続の先にあった北野映画。以前の3作と「アウトレイジ」シリーズで監督に変化はありましたか?

『その男~』で僕が遠藤憲一くんを刺すシーンは、実は雨の中での撮影でした。雨が降ったらだいたい映画はストップですよ。音の問題もありますから。でも監督は、「上にビニール張ってアフレコでいこう」とおっしゃったんですよね。セリフが変わっても、口の動きは分からないから大丈夫だと。普通の映画監督はそういうことやりません。たけしさんは、「せっかくみんな集まってるから、やっちゃおう」みたいな考えなんです。

たけしさんの映画は、歩くシーンがすごく多いでしょ? ヨーロッパあたりではそれが主流らしくて。「尺が短くて歩くシーンを増やしちゃった」とか冗談をおっしゃっていましたけど(笑)、きっとそこも監督ならではのこだわりなんだと思います。

たけしさんが言うには、『血と骨』(04)。あれに出演されて以降、監督をする際少しだけカットを粘るようになったそうです。監督にとっては、崔洋一さんの丁寧な撮り方がきっと参考になったんでしょうね。『ビヨンド』や『最終章』でもそういうことを感じる場面がありました。丁寧というか、より深みが増したというか。カメラワークまで指示されているので、きっと脚本を書く時に自動的に頭の中で映像化されているんだと思います。だからその脚本に対して、「俺はこうやりたい」というような役者さんはきっと苦手なんじゃないですかね(笑)。

僕らは、「駒」なんです。監督はその「駒」を扱う人。キャスティングによって、自分は「歩」や「飛車」になります。いろんな監督がいると思いますが、たけしさんの場合はそんな感じです。

――以前、北野監督は「役者さんには委ねている部分が大きい」ともおっしゃっていたのですが、そんなことを感じるシーンは?

キャスティングでほぼ映画が決まるという監督もいらっしゃいますよね。特に北野監督の場合は名があってもなくても、自分のセンスを頼りに物事をお決めになる。起用される側は、撮影が進むにつれて自分の役がどんな役であるかを徐々に知って行くことになります。最初の作品から、監督はそういうことを全部分かって、撮っていらっしゃる。撮り方も、普通の映画監督が思いつかないような発想の持ち主です。北野組がここまで評価されるのは、今までの通念をくつがえして来た結果なのかもしれません。

※以下は映画の結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください。

●『アウトレイジ 最終章』ラストシーンの変更秘話
――監督で主演というのも、すごいことですよね。

そうですね。『その男~』は順撮りだったんですが、プロデューサーから体重を落とすように言われていました。終わったときには14キロ落ちていたんですが、たけしさんもそのぐらい落ちていたと思いますよ。撮影が夜に終わったら、「白竜さん、一杯行こうか」となるわけですよ。観察していると、日本酒は飲まれるんですが、ツマミはほんの少しだけ。

その時も「この映画はラストシーンが決まれば成功する」とおっしゃっていました。最後に工場でドンパチするシーンを2~3日ぐらい撮ったんですが、ある時からあいさつも返されなくなりました。「粗相でもしたかな」と心配になったんですが、それだけラストシーンに懸けていらっしゃるんだと気づきました。

――『最終章』ではたけしさん演じる大友と、より密接な関係になります。

ラストシーンが変更になったことはご存知でしょ?

――そうなんですか!?

こんなことしゃべったらマズイかもしれないけど、最初は僕が大友を殺すことになっていたんですよ。変更になってホッとしました(笑)。

俯瞰でカメラが上がっていって、大友が倒れる。その後、僕は車に乗って事務所に戻り、張会長に「大友さん、死にました」と報告します。そこは珍しく、3~4回ぐらいNGになったんですよ。僕が何かやらなきゃいけないのかなと思って、間が悪いのかなとか考えたりもしましたが、1度、たけしさんが倒れた時に拝んでみたんですよ。すると、チーフ助監督が「拝まないでください!」と慌てて走って来て、思わず笑っちゃいました。自分でも何でそんなことしちゃったんだろうと(笑)。監督やスタッフもモニター見ながら、ゲラゲラ笑っていましたね。何かやらなきゃ。そんな緊張感があるんです。

――NGの理由は何だったんですか?

「会長に迷惑かけないでください」というセリフの微妙な優しさや冷たさ、死んでいく者に対しての温かみ……だと思います。僕の最初の言い方がちょっと強めだったんでしょうね。監督はやるせない感情を表現するのが本当にうまいと思いますね。

撮影中、監督は現場でほとんどしゃべらないんです。だから役者は「NGが出ないということは良かったのかな?」みたいな感じで。次の日現場に来て、みんな様子をうかがいながら演技をしてるわけじゃないですか。でも、そのあたりはみんなプロですね。

大友と李がスクラップ工場に行くシーンがあって、僕がベンツを運転していて、そこに乗り込んで来た監督が「参ったわ……」とボヤいていた時があったんです。「何かありましたか?」と聞くと、「西田さんや塩見さんがあまりにうまくて、編集をどうしようか」と。最初の頃から一緒にやっているので、僕には言いやすかったんでしょうね(笑)。

○心優しい俳優・大杉漣さんの思い出

――そして、今年2月、大杉漣さんが亡くなられました。『最終章』での共演シーンはありませんでしたが、思い出はありますか?

本当にね……。漣さんとは下北沢・本多劇場前の飲み屋での思い出がありますね。小沢仁志とある監督が2人ほどいて、僕が遅れて行ったんです。漣さんは高橋伴明さんの現場とかで、何回か会ってまして。みんなで普通に飲んでいたんですが、小沢が僕にケンカを売ってきたんですよね。あいつ、昔から喧嘩っ早かったので。

――まさかの展開です(笑)。

そうなんです(笑)。小沢の弟・和義は北野監督の映画に出ていて(『その男~』に出演)、僕にそのことを訴えて来て。適当に流しながら普通に話してました(笑)。やっぱり小沢も、監督の映画にすごい熱い思いがあったみたいで(その後『3-4X10月』に出演)。漣さんはすごく穏やかな方なんですが、見守ってくださっていました(笑)。

漣さんとは、高橋伴明組とかTVのシリーズものでも一緒になったなぁ。漣さん、サッカーが大好きなんですよね。ある作品でアクションシーンがあって、漣さんに蹴られるシーンがあったんですよね。「加減しないでください」とお願いしても、「僕、サッカーやってるからなぁ」と心配してくれて。「大丈夫ですよ」と説得して思いっきりやってもらったんですけど、そういう心優しい方なんです。

世代的に1つぐらいしか変わらないからこそ思うのは……やっぱり、みんな働きすぎですよね。どこかで加減していかないと。僕も具合が悪い時があったんですけど、やっぱり頭の中は若いイメージのままだったりします。でもね、休む時は休まないと。

しかし、監督は元気ですよね。『最終章』は真夏の炎天下の撮影もあったんですが、お付きの人がご飯を食べてる中、もう次のシーンの準備をしていましたからね。映画の現場には一番早く来ることにお付きの人も驚いていて。「こんなに楽しい現場はない」と僕にもおっしゃっていました。

○ジャパンプレミアでの涙

――昨年9月に開催されたジャパンプレミアで、白竜さんが感極まっている姿に胸を打たれました。『HANA-BI』でベネチア金獅子賞を受賞した時、監督から「北野組やってきてよかったね」と声を掛けられたと。

監督も波乱万丈ですからね。『HANA-BI』の打ち上げの時、「ベネチアで賞なんか獲っちゃったりして」みたいに冗談半分におっしゃっていたんです。それで本当に獲っちゃうわけでしょ。ベネチアでその言葉をかけられて……いやぁ、ジーンと来ましたね。

たけしさん、監督として思った以上に評価されない時代もあったんです。『HANA-BI』は監督自身が願っていたことが現実化したんじゃないか、そう思えた瞬間でした。そして、「俺も北野組の一員なんだ」と実感した瞬間でもありました。監督と数本ご一緒していましたが、当時全くそういう意識はなかったので、心に残っています。

――ベンツ内での密談エピソードからも、すごく距離の近さを感じます。白竜さんにとって北野監督はどのような存在ですか?

貴重なご縁をいただいているとは思うんですけど、実は携帯番号も知らないんです。撮影現場でお会いするぐらいで。ところが『その男~』が終わった頃、六本木で何度もばったり会ったんですよね。一度も電話したことないのに、会うと「おー! 一緒に飲もうよ」と誘ってくださって。そういう磁力みたいな結びつきを感じます。監督と一緒にやってらっしゃる役者さんは、そういうご縁の方が多いんじゃないですかね?

■プロフィール白竜
1952年10月3日生まれ。佐賀県出身。1978年に白竜バンドを結成、翌年に「アリランの唄」でデビューを果たす。1984年公開の映画『いつか誰かが殺される』で俳優業をスタートし、北野武監督の『その男、凶暴につき』(89)で殺し屋を演じたことがきっかけで、以後も数多くのアウトロー役が続々舞い込む。北野監督作はこれまで5作に出演している。

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
(水崎泰臣)

画像提供:マイナビニュース