全世界800万部のベストセラ小説ワンダー』を実写版『美女野獣』の製作スタッフ映画化した『ワンダー 君は太陽』より本ビジュアルが解禁された。

【写真】『ワンダー 君は太陽』現場の様子&場面写真フォトギャラリー

 主人公オーガストこと“オギー”は、普通の10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。生まれつき人と違う顔をもつオギーは、幼い頃からずっとイザベルと自宅学習を行ってきたが、小学校5年生になるとき、初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって、同級生たちは徐々に変わっていく。

 “オギー”を演じるのは、『ルーム』で一躍世界中から注を集めた天才子役ジェイコブ・トレンレイ母親イザベル役には『プリティ・ウーマン』『エリン・ブロコビッチ』のジュリアロバーツ、父親・ネート役には『ミッドナイトインパリ』『マイ・ファニー・レディ』のオーウェン・ウィルソンが配役された。監督・脚本は『ウォールフラワー』のスティーヴン・チョボスキーが務めている。

 「やさしさの半分は勇気でできている。」というキャッチコピーが添えられたビジュアルは、オギーが家族全員と共に、学校へ向かう様子を切り取ったもの。オギーは不安な気持ちを表すように、宇宙ヘルメットを被っているが、そんなオギーを優しく包み込むように、・ネートとイザベルが両手を握っている。また、一歩後ろにはのヴィア、そして足元にはペットデイジーの姿も確認できる。

 映画ワンダー 君は太陽』は、6月15日より全開。

『ワンダー 君は太陽』ポスタービジュアル(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.