こんにちは、恋愛カウセラーの森野ひなたです。

「私って遊ばれているのでしょうか?

不安でたまりません」そういったお悩みをお伺いすることも多いです。

好きな彼からアプローチされるのは嬉しいものですよね。

しかし熱アプローチだとしても、あなたと本気で交際を考えているケースと、

あまり先のことは考えずに「とりあえずカラダの関係を持ちたい」と思っているだけのケースがあります。

どんなに素敵な男性だとしても、セフレのような扱いを受けるのはとても苦しいですよね。

そこで今回は、“カラダ的の彼の見抜き方2つ”をご紹介します。

■1、初回のデートから2人きりになりたがる

「カラダの関係に持ちこもう」とする男性は、とにかく2人きりの場所に行きたがります。

内や、自宅、ホテル、お店の個室、あらゆる“2人きりになれる場所”は、カラダ的の彼にとって絶好のポイントです。

「自宅やホテルならともかく、他の場所はセックスに適さないのでは?」と思うかもしれません。

しかし、最後までカラダの関係を持たなくても、“途中まででも、ほんの少しでもイチイチャする”のが重要なんです。

何故かというと、一度そんなふうにイチイチャできた女性とは、数回デートを重ねるうちに最後までカラダの関係が持てることがどだからです。

■2、情熱的なアプローチとボディタッチ

とにかく熱心に口説いてくる、ボディタッチが多いタイプ

結婚をチラつかせることもあれば、「可愛い」「モテるでしょ」と色々褒めてくることも。

メール電話デートの誘いも頻繁で「もしかして本気で彼から好かれているのかも」とドキドキするような行動や言葉を使ってきます。

毎回のようにボディタッチも多く、思わせぶりなセリフを多用するなら要注意です。

■おわりに

いかがでしたか?

誤解されがちですが、どの男性は「カラダの関係を持ったら捨ててやろう」「都合の良い女にしてやる」などの邪悪な意図はありません。

多くがあまり物事を深く考えず「カラダの関係持てそう、押してみよう!」「すっごく好きになってから交際考えればいいや」というように、状況に流されやすいだけです。

しかし少数とはいえ、最初からカラダ的の男性もいます。

最初からカラダ的の悪質な男性に引っかからないようにするためには、“相手の思惑に乗らない”ことが一番です。

真剣な交際ができる男性が見抜くために「つきあうまでカラダの関係を持たない」と決めてしまうのもオススメです。(森野ひなたライター

カツ編集部)

iStock-938326770 (1)