東芝デジタルソリューションズは5月17日、設備のオペレーションやメンテナンスなど現場作業での業務効率化や、熟練作業者の技術継承などをAR(拡張現実)で支援する、現場作業のデジタル化ソリューション「Meister AR Suite」の提供を同日より開始すると発表した。

同ソリューションでは、作業用タブレットが対象設備を認識すると、「ARマニュアル」により作業箇所や手順がARで表示され、音声や動画でガイドしてくれる。これにより、経験が少ない作業者でも正しい現場作業をスムーズに行うことが可能となり、紙のマニュアルを持ち歩く必要もなくなる。

また、「ARナビゲーション」により作業者を施設内の対象設備まで安全・確実に誘導することが可能だという。

これらのARコンテンツは、ノンプログラミングで直感的なGUIの「ARコンテンツジェネレータ」により、ARの専門知識がなくても、利用者のパソコンで簡単に作成・編集することができる。同社では、このAR技術は、設備のオペレーションやメンテナンスだけでなく、設計・製造・営業・教育などさまざまな場面で利用することが可能だとしている。
(辻)

画像提供:マイナビニュース