和太鼓エンターテインメント集団『DRUM TAO』の2018年度新作『RHYTHM of TRIBE ~時旅行記~』が5月19日(土)から始まる全ツアーにて開されます。前作に引き続き、株式会社Zero-Ten(本社:福岡市博多区、代表取締役榎本二郎)が本作の映像演出を行いました。

世界24カ500都市世界観客動員800万人に迫る『DRUM TAO』注の最新作!

SAMURAI達が過去と現代を行き交う魂のにいざない、古くからのメッセージが、時を越えて現代にを放つ“ 本作は、魂が時を移動する様子を実写浮世絵を用いた映像表現で演出。江戸の町を浮世絵3Dで再現し、映像内の歌舞伎役者リアルな演者となって舞台に飛び出す映像テクノロジーパフォーマンスの連携や墨絵アーティスト西元さんの描く「墨絵」が動き出すなど、Zero-Tenが得意とする映像パフォーマンスも随所に盛り込んでいます。

TAOが繰り広げる圧倒的なパフォーマンスと、Zero-Tenが織りなす映像テクノロジー融合した最新作。舞台上で繰り広げられる映画のようなストーリーと、あらゆる想像を覆す最先端の「THE日本エンターテインメント」作品をぜひお楽しみください。

概要
タイトル DRUM TAO『RHYTHM of TRIBE ~時旅行記~』
演出・制作 フランコドラ
衣装デザインシノジュン
舞台デザイン 松井るみ
コンセプト 立川直樹
映像 Zero-Ten
出演 DRUM TAO
公式サイト http://www.drum-tao.com/

5月19日(土) 福岡県 石橋文化ホール
5月20日(日) 長崎県 長崎ブリックホール 大ホール
5月26日(土) 大分県 iichikoグランシア
5月27日(日)~28日(福岡県 北九州芸術劇場 大ホール
5月31日(木) 宮崎県 宮崎市民文化ホール
6月2日(土)~3日(日) 鹿児島県 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
6月5日(火)~6日(福岡県 アクロス福岡シンフォニーホール
6月9日(土) 佐賀県 佐賀市民文化会館
6月16日(土) 沖縄県 沖縄コンベンションセンター 劇場棟
6月20日熊本県 市民会館シアーズホームホール
6月21日(木) 熊本県 市民会館シアーズホームホール
6月23日(土)~24日(日) 山口県 下関市民会館
6月27日群馬県 伊勢崎市民文化会館
6月29日青森県 八戸市会堂 大ホール
6月30日(土) 秋田県 大館市民文化会館 大ホール
7月1日(日) 岩手県 一関文化センター
7月2日秋田県 由利本荘文化交流館カダーレ
7月4日山形県 やまぎんホール
7月6日愛知県 名古屋国際会議場 センチュリーホール
7月7日(土) 三重県 三重県文化会館 大ホール
7月19日(木)~27日(東京都 豊洲PIT
7月29日(日) 山梨県 の都うぐいすホール

株式会社Zero-Ten
プロジェクションマッピング映像ブランディングイベント運営企画など幅広い分野に対応し、実制作を含めたクリエティブ活動を行うプロデュース集団。元来パブリックアートをルーツに持ちながら、特定の場所やカテゴリーにとどまらない広範な制作活動・表現活動を行っている。

・「幸二美術館3D 映像制作
京都国立近代美術館色彩イメージ 幸二” 特別演出プロジェクションマッピング映像製作
・キャナルシティアアパラマ映像企画演出
・「軍艦島デジタルミュージアム」総合プロデュース
・「HAKATA SAKURA
・「博多ライトアップウォーク・冷泉小学校プロジェクションマッピング
・「虎屋本店ライトアップ
・「キャナルシティ博多クリスマスイルミネーション」
・『DRUM TAO』 全ツアー 2016「DRUM TAO 舞~ Bukyo ~ 踊る◯太鼓」 etc

■会社概要
商号   :株式会社Zero-Ten
所在地  :福岡市博多園町8-13 第一プリンスビル 1F
代表者  :榎本 二郎
設立   :2011年9月9日
公式サイトhttp://zeroten.jp/

DRUM TAO
世界24カ500都市・観客動員数800万人に迫る。
圧倒的な音表現を持つ「和太鼓」そして篠笛三味線・箏などを驚異のパフォーマンスで表現するDRUM TAOは、想像を全に裏切る「最新の日本エンターテイメント」。2016年NYオフ・ブロードウェイでは全6SOLD OUT!Newsweek誌が「TAOは日本世界へ売り込む『顔』になる!」と絶賛。2017年9月より東京にて、訪日外国人向けナイトエンタメ「万ロングラン開催。更にユニバーミュージックよりメジャーデビューiTunesジャパンワールドアルバムランキング1位獲得!iTunesシンガポール総合アルバムランキング1位、その他3カiTunesワールドチャートでTOP3入り。「大分県文化功労者 学術・文化振」、「竹田文化創造賞」、「第6回観光庁長官表」「総務大臣表」受賞。現在「A組」「K組」「G組」の3班で、年間400演を行なう。

配信元企業株式会社Zero-Ten

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ