メイプル超合金・安藤なつが、17日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。コンビ結成前、引退しようと思っていた過去を明かした。

【大きい画像を見る】メイプル超合金(カズレーザー)【写真:鶴見菜美子】


 2012年に結成したメイプル超合金は『M-1グランブリ2015』で決勝進出し、一気にブレイクした。

 メイプル超合金としての結成前はもともと女性コンビ(ぷち観音)を組んでいたという安藤。だがこれが解散することが決まったとき、カズレーザーから急に連絡が来たのだという。ケンドーコバヤシから「なんか、(この世界を)辞めようとしてたんでしょ?」と聞かれた安藤は「引退しようと思ったたんですよ」と告白、「31歳で、最後の相方にしようと思って前のコンビをやっていたんで」と答えた。

 とりあえずファミレスで会うことになった2人。だが安藤はカズレーザーからの誘いに「ごめんなさい」とコンビを組む意思はないばかりか「辞めようと思ってるんです」と告げるも、彼はそのたびに繰り返し「まあまあ、そうなんすよねぇ」とよく分からない返事をしながらドリンクバーへ逃げていったという。

 カズレーザーも当時を振り返り、「まあ、まあ、まあ、ハイハイハイ。そういうの、ありますよね」と言いながら「ジュース取ってきます」と言っていたと回顧。安藤も「それの繰り返しで話、通じねぇなと思った」と言うと、カズレーザーも「ずっと同じことを言って、正常な判断させないみたいな」と笑わせていた。

 この日の“くくり”は男女コンビ芸人。メイプルのほか、相席スタート、さらには恋人同士でもあるにゃんこスター などとともに、男女コンビのあるあるや、相方への思いなどを語った。 【ほかの画像を見る】安藤なつ(メイプル超合金)【写真:竹内みちまろ】
安藤なつ(メイプル超合金)【写真:竹内みちまろ】