プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「あこがれのポジション」です。

ヤクルト・中澤雅人投手

投手以外では外野を守ることがあった

 もし、ピッチャーじゃなかったら……。ショートをやりたかったですね。一番目立つ内野手で、子どものころは「かっこいいなあ」と思っていました。ショートは守れて打撃もすごい人ってイメージ。昔はよくジャイアンツのテレビ中継を見ていて、川相さん(現巨人二軍監督)や、宮本さん(現ヤクルトヘッドコーチ)の印象が強いです。バントもうまくて、いろいろなことができる、すごい選手たちだなあって。

 僕は左利きなので、ピッチャーと外野ぐらいしかやったことがありません。内野は守れないところが多くて。だから、ショートの人がゲッツーをしているところとかを見ると、やっぱり「かっこいいなあ」と思っちゃいますね。

写真=内田孝治
ヤクルト・中澤雅人投手「ショートは『かっこいいなあ』と」/あこがれのポジション