“ロック様”ことドウェイン・ジョンソン演の映画ランペイジ 巨獣大乱闘』(現在開中)より、巨大オオカミラルフ地を舞台に大暴れする本編映像開された。

 本作は、遺伝子実験の失敗によって巨大化暴化した動物たちが、地を破壊していくパニックアクション。様々な動物DNAを取り込み、あり得ない程のパワーを手に入れた巨たちの暴走を止めるべく、ロック様演じる科学者デイビスが立ち上がる。

 開された映像には、ラルフと巨大ゴリラジョージ地のどん中で、迫りくる軍隊をなぎ払う戦闘シーンが収められている。オオカミらしい跳躍で、上を飛ぶヘリコプターに噛みつき粉々にしてしまうラルフ。その後ろには、威嚇するかのようにえるゴールデンレトリバーの姿が。ラルフ暴な顔つきでえ返すと、その姿に怯えては逃げてしまう。

 ラルフは跳躍だけではない。自身の毛をハリネズミのような鋭いトゲに変化させて打ち込むこともできるのだ。尻尾から繰り出される攻撃には、ヘリコプターを操縦するロック様も然とした表情。地上・中ともに敵なしの暴なオオカミに、ロック様がどう闘いを挑むのか注だ。

 『カリフォルニアダウン』のブラッド・ペイトン監督を務める本作。演のドウェインほか、『ムーンライト』のナオミ・ハリス、「ウォーキング・デッド」のジェフリー・ディーンモーガンなどが出演している。(編集部:倉本拓弥)

凶暴な巨大オオカミが街で大暴れ! -写真は『ランペイジ 巨獣大乱闘』 - (c) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.