ジェームズフランコが演と監督を務める映画『FUTURE WORLD』が、邦題を『フューチャーワールド』として6月23日より開されることが決定。共演するミラ・ジョヴォヴィッチとルーシー・リューが写るポスタービジュアル開された。

【写真】自分にキス!「ジェームズ・フランコ」フォトギャラリー

 本作は、第3次世界大戦後の荒した未来世界を舞台に、本をむき出しにした人間たちの生き残りをかけた戦いを壮大なスケールで描く戦慄のSFアクション

 平和義の人々が暮らす避難所「オアシス」を統治するクイーンが難病を発症し、息子プリンスは特効めて、はるか遠方の地「命の寺」をして出立。しかしその中、残された土地と資の支配者ウォーロードと美しくも破壊的なロボットアッシュに出会い、命知らずのへと巻き込まれていく。

 本作の監督を務めるジェームズが、土地や資暴力で支配する傍若人な侵略者ウォーロードに扮するほか、『バイオハザードシリーズミラ物のはびこる「ドラッグタウン」の女王ドラッグロードを演じる。さらに、『アイアンフィスト』のルーシークイーン役を、『高慢と偏見とゾンビ』のスーキーウォータハウスが、美しきアンドロイドアッシュ役を務める。

 今回解禁されたポスタービジュアルでは、劇中で敵対するフランコ、ミラルーシーの3人がそれぞれ異なる表情を浮かべ、の生えたマスクを被ったウォーロードが悪の軍団を引き連れ、荒れ果てた大地をバイクで疾走する姿を描写。「人類の行き着く先は“楽園”か、それとも――」というコピーも見られ、同作のハードな一面を暗示している。

 映画『フューチャーワールド』は6月23日より全開。

映画『フューチャーワールド』ポスタービジュアル(C) 2018 FW PRODUCTIONS, LLC