2018年5月17日からよみうり大手町ホールにて、 2.5次元ダンスライブ『「S.Q.S(スケアステージ)」Episode1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」』が開幕し、ゲネプロ公演が行われた。本公演は、2.5次元に存在する架空の芸能事務所・ツキノ芸能プロダクションに所属するSolidS(ソリッズ)、QUELL(クヴェル)の2ユニット「SQ」(スケア)の日常や芸能活動の様子を描いたシリーズCDを原作にした舞台だ。

2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」(通称「ツキステ。」)と同じ世界観、同じ事務所に所属するアイドルであるSQの結成エピソードを振り返りつつ、彼らの「今」が描かれる、はじまりを題材にした物語。「ツキステ。」同様、原作者のふじわら氏(ムービック)が脚本を担当しているということもありファンには大注目の公演である。

(C)S.Q.S01

(C)S.Q.S01

2017年末に開催されたツキプロライブを経て、ユニットとしても、個人としても一段と成長したSolidSとQUELL。そんな彼らが2018年、新たにリリースしていくのは、『再出発』『再開』と言った意味を持つ『RE:START(リスタート)』シリーズだ。新シリーズのリリースを前に、、ユニットリーダーであり、プロデューサーでもある志季と柊羽は、宣伝と販促を兼ねて、メンバーたちに一つの課題を与えるのだった。それは、リリース記念のライブの日に、それぞれの言葉でファンに対して『リスタート宣言』をしてもらうというもので……。

公演はVer.REDとVer.BLUEの2種類がある。17日に公開されたVer.REDの公演はSolidSがメインとなる舞台だ。

【SolidS】左から村瀬大役・小林涼、世良里津花役・阿部快征、皇志季役・日向野祥、奥井翼役・瀬戸啓太 (C)S.Q.S01

【SolidS】左から村瀬大役・小林涼、世良里津花役・阿部快征、皇志季役・日向野祥、奥井翼役・瀬戸啓太 (C)S.Q.S01

皇志季役を演じるのは日向野祥。SolidSのプロデューサー兼リーダーを務める忙しい男。翼曰く『音楽バカ』。彼の音楽における熱量の高さはライブパートで見せる彼の瞳からもうかがえる。

大学院生の奥井翼役を演じるのは瀬戸啓太。SolidSの中でも人一倍大きく激しいダンスで観客を一番沸かせていた。

世良里津花を演じるのは阿部快征。個性がぶつかりあうメンバーの中で、貴重な良心ポジション。艶っぽい動きとその楽曲から目が離せない。

不器用ながらもまっすぐでひたむきな青年、村瀬大を演じるのは小林涼。メンバーやライブ中に見せる笑顔がたまらなく綺麗。

そんな個性豊かなSolidSのメンバーひとりひとりがファンに向けるリスタート宣言とは。彼らの過去と、未来と、それぞれの想いが交わって、リリース記念ライブへと集約していく。

お芝居パート。ユニットの原点を思い出すメンバーたち。 (C)S.Q.S01

お芝居パート。ユニットの原点を思い出すメンバーたち。 (C)S.Q.S01

1部の冒頭&2部のダンスライブパートは【観客参加型】のダンスライブ。持ち込みOKであるペンライトや応援グッズを手にし、舞台上のタレントを応援することが出来るのだ。声援や歓声もタレントの大きな力となるというのだから、力いっぱい応援し甲斐があるというもの。また、本編途中にある「喫茶くべる」は日替わりのコーナーとなっており、毎公演ごとに内容が異なるため、何度観ても楽しめるものになるだろう。

そして、本公演が行われるのは、大手町駅からすぐ近くのよみうり大手町ホールという場所。普段はシンポジウムやコンサートにも使われるホールで映像設備も充実した施設だ。その構造を最大限に生かしており、お芝居パートで重要な背景の演出、そしてライブパートではたくさんの照明がカラフルに会場を照らし、心揺さぶられる大迫力の音響も相まってライブの没入感を加速させる。

Episode1と付いた本公演を皮切りに11月にはEpisode2、2019年にはEpisode3の上演がすでに決定済み。27日までの公演を経て次はどんな物語が描かれるのか、早くも次回公演への期待が大きくなる舞台であった。

【QUELL】左から堀宮英知役・中尾拳也、和泉柊羽役・田中稔彦、久我壱星役・山中健太、久我壱流役・山中翔太 (C)S.Q.S01

【QUELL】左から堀宮英知役・中尾拳也、和泉柊羽役・田中稔彦、久我壱星役・山中健太、久我壱流役・山中翔太 (C)S.Q.S01

取材・文・撮影=松本裕美
(C)S.Q.S01