米国テレビプロデューサー、Tallmadge Wakeman D'Elia氏(38)が、今、電子タバコ爆発して死亡したとフロリダの検視官が今週明らかにした。


セントピーターズバーグの消防員たちが同プロデューサーのいた2階のベッドルームに駆け付けた時、彼は身体に大やけどを負い、死亡していたという。後に、爆発した電子タバコに火が付き、破片が同プロデューサーの頭部に突き刺さったことが明らかとなった。

電子タバコを使用することは、「爆より少し大きいものを手に持っているようなものです」と同地域を管轄する消防隊長スティーブン・ローレンス氏はっている。「電子タバコ爆発して、ライターもしくは電子タバコの破片が飛んでくる可性があります。それらは飛ぶ破片や榴弾になるのです」

電子タバコ爆発しいが、爆発が起きた時、電子タバコはまるで「火のついたロケット」のような動きをすると最近、米国連邦緊急事態管理庁(FEMA)が報告している。

米国で電子タバコが原因で死亡したケースは、これが初めてとなる。

■参照リンク
https://www.aol.com/

やっぱり危険!?米国で電子タバコが爆発し男性が死亡