愛車に乗り込もうとしたとき、駐車時にはなかった見覚えのない傷や凹みを発見したら、どのような対応をすればいいのでしょうか?対策と合わせて紹介します。

まずは警察に相談する
パトカー

まずは警察に連絡しましょう。

これは、警察による実況見分(現場検証)を行い、事故証明書を作成してもらうためです。事故証明書がないと、車両保険によっては、単独事故とみなされ、保険金がおりないことがあります。車両保険を使って車を修理するためは事故証明書が必要なのです。

警察への連絡は、対人・対物の事故とはまだ断定できないため、110番ではなくその現場を担当する警察署の番号に連絡しましょう。

加入している保険会社へ連絡する
自動車保険

警察への連絡を終えて事故証明書を取得したら、次に連絡するのは任意自動車保険で加入している保険会社です。

犯人が特定できない場合は、悲しくも誰も車の修理を保証してくれません。その場合は、自身が加入する車両保険を使って修理することになります。

外装の交換や板金作業が必要になるほどの大きな損傷はともかく、なかには、ほんの少しの傷だったらDIYで直してしまう方も多いようです。小さなかすり傷程度なら、コンパウンドなどで補修ができるかもしれません。

泣き寝入りを防ぐために何をすればよいか
ドライブレコーダー

自分に非が無いにもかかわらず、傷ついた車を犯人が直してくれるわけでもない、車両保険に加入していれば保険が使えるが、それでも等級が下がってしまう。このように、被害者であるにもかかわらず、いろいろなデメリットが生まれます。

そういったことを考慮すると、愛車には常日頃から傷を付けられないような対策、傷つけた相手を特定できる防犯対策をあらかじめ取っておきたいものです。

まず、投資を少なく簡単にできる対策としてオススメなのが、周囲に車両のいない場所にクルマを停めることです。大きな駐車場では、出入り口付近が混雑する傾向にあるので、そこから遠い、あまり人が駐車したがらない場所なら、当て逃げ被害に遭いににくくなります。一方で、あまりにもひと気がない場所に停めると、イタズラの被害に遭いやすくなってしまいます。程よい場所に駐車しましょう。

また、自分が駐車したいスペースの左右の車両を確認しましょう。ハンドルが切れたままや、スペースからはみ出ているなど、駐車が雑だったり、ボディにキズが多いクルマの周囲はなるべく避けたいところ。防犯カメラに映りやすい場所では、事故にあっても、後の確認でカメラが役立つことがあります。

さらに自衛策として、ドライブレコーダーの搭載があります。駐車監視機能付きのドライブレコーダーであれば、ぶつけた犯人の顔や運転車両などを記録できる可能性が高く、犯人が判明したときに証拠として活用できます。

駐車場

気付かぬうちに当てられて泣き寝入りするのは、本来あってはならないことですが、法律は万能ではありません。大切な愛車を危険から守るために、最大限できることに取り組みましょう。

買い物から戻ってきたら愛車にイタズラの傷…そんな時の対応手順