映画化もされた七月文の小説「ぼくは明日昨日のきみとデートする」が、初めて朗読劇となり、8月東京オルタティシアターで上演されることが発表された。キャストには、若手の実俳優がそろう。

 2014年に出版された小説は、累計発行部数160万部を突破。2016年には福士蒼汰小松菜奈出演で実写映画化もされた「ぼくは明日昨日のきみとデートする」は、京都の美大に通う青年と、ある秘密を抱えた女性ラブストーリーだ。今回、新たに始動する朗読シリーズを読む」の第1弾として朗読劇化される。

 出演者は、主人公男女2人だけ。本作のために特別に制作されるオリジナルアニメーションとともに、2人のフォーカスしていく。その男女を演じるのは、映画、舞台、アニメなどさまざまなジャンルで活躍する人気俳優たち。鈴木拡樹山崎紘菜、梶裕貴と高良、木村達成と清水くるみ黒羽麻璃央と戸松遥越裕梅田彩佳松田内田真礼三浦規と福原遥の組み合わせで、それぞれ同じ作品・同じ役に挑む。

 原作者の七月は、「朗読劇にしていただくのは初めてなので、どんなものになるのか、わくわくしています。7通りの高寿と愛美が見られるというのも、ならではの贅沢で、それぞれの役者さんがどんなふうに演じられるのか、違いがとても楽しみです」とコメントしている。

 脚本・演出は、劇団「ロロ」宰の三浦直之。東京・有楽町のオルタティシアターで、8月24日から29日まで計17演を予定している。(編集部・小山美咲

すごい顔ぶれ!