2018年、バンド結成15周年を迎え、現在『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』で全国各地を回っているシド。『ランキングBOX』では、記念すべき節目の年を祝うべく、スペシャル企画を不定期でお届け!その内容とは、メンバー4人に、2003年の結成から現在に至るまでの活動の思い出をランキング形式で振り返ってもらいます。第1回は、2003年から2004年の思い出BEST3!「うわー、いろんな思い出があって悩む!」「あー、懐かしい!」などと言い合いながら、やっぱり1位はこれでしたね。今だからこそ語られるエピソードもあったりと、ファンならずとも必見です!!

【1位】シド結成

ゆうや マオくんがまず明希を誘ったのが、シド結成の第一歩だよね。
マオ 明希とは、対バンしたことがあって。新しくバンドを組もうと思ったときにまず思い浮かんだから、人づてで聞いた明希のバイト先に電話をかけて、「ベースやっている明希くんっていう人、いますよね」って本人に取り次いでもらって、「一緒にバンドをやらない?」って誘ったっていう。

――すごい行動力!
明希 ホント、あれはびっくりした。でも、バイト先に電話をかけてまで誘ってくれるっていう、その熱意は僕としても嬉しかったな。
ゆうや そのあと、Shinjiが誘われて。
Shinji 最初、対バンしたことがあったマオくんに、東京・池袋のマクドナルドに呼ばれてさ。そのときの俺、自分としてはあくまでファッション髭のつもりで髭がボーボーだったんだけど、マオくんに「山から下りてきたの?」って聞かれた思い出がある(笑)。
マオ 当時、Shinjiは「もう音楽やめるかも」みたいなことを言っていて、「やめるんだったら最後に俺とやってみようよ」って誘ったんだけど、思っていた以上にやめそうな雰囲気で現れたからさ、つい(笑)。で、ゆうやは、前のバンドで一緒にやっていた時期もあったから、もう一度誘って。
ゆうや そういえばさ、その前のバンドが解散したとき、すでにマオくんと一緒にやることになっていた明希が打ち上げに来て。ずっとカラオケのマイクを放さないで、中森明菜さんの曲を延々歌っていたよね(笑)。
明希 やべぇ、図々しいにもほどがあるじゃん。めっちゃ恥ずかしい(笑)。
マオ その後、しばらくはShinjiとゆうやにはサポートをしてもらったんだけど、正式加入が決まったときは……
ゆうや 居酒屋で、4人で「イェー!」ってなったこと、今でも覚えているな。いやぁ、当時のことを思い出すと感慨深いね!

【2位】事務所への所属

ゆうや 事務所に所属して何が変わったかって、発言に対して駄目出しをされるようになったっていうことだよね(笑)。それまでは叱ってくれる人がいなかったこともあって、僕の場合はただただ爪痕を残すっていうことばっかり考えていて。それこそ、インタビューを受けるのに曲のことを一切しゃべらなかったりもしたからね(苦笑)。それじゃあ通用しないんだっていうことを知って、ちゃんとしなきゃっていうことは意識するようになった。恥ずかしながら、それが大人としての第一歩だったなと思う。
マオ あと、それまでは曲が出来たらライヴでやるっていう感じだったけど、アルバム『憐哀-レンアイ-』くらいからは、作曲の締切りというのが設定されるようになって。それも、大人として、プロのミュージシャンとしての第一歩だったよね。

――最初の頃は、大変だったのではないでしょうか。
明希 でも、やれって言われたことをできないと、すぐ終わっちゃうんじゃないかっていう不安感があって。とにかく死にもの狂いでした、俺は。それに、100期待されているんだったら、120で返したい、こいつすげぇじゃんって思わせたいっていう気持ちが、今もあるので。それが原動力なのかなと思いますね。
Shinji 僕は……事務所に入ったばかりの頃、何回か事務所の階段で寝た記憶がある(笑)。
ゆうや だいたい、俺も一緒にね(笑)。
マオ 当時、ゆうやとShinjiは超やんちゃだったもんね。お酒が入ると長いし、歯止めがきかないし(笑)。
Shinji でも、次の日の仕事に遅刻しないように家に帰らず事務所まで行って、セキュリティがかかって開いていないから階段で寝るっていう(笑)。
ゆうや ま、遅刻しないようにっていうところは真面目だったということで(笑)。

【3位】初の東京・日本武道館

マオ 僕たちが初めて日本武道館に立ったのが、“DANGER CRUE Presents『天嘉-参-』”。たくさんの人に自分たちを観てもらえる機会なんて、それを逃したらいつあるかわからないし、だったら爪痕を残そうということで、1曲目の「青」をアカペラで歌って。
ゆうや そうしたら、終わったあとに反響がものすごくあってね。
マオ そうそう、ファンが一気に増えたもんね。

――にしても、初の大舞台でアカペラとは……とんでもない度胸の持ち主。
ゆうや ホントに。マオくんがこれからアカペラで歌うって考えただけで、俺なんてめちゃめちゃ緊張していたし、もうかける言葉も見つからなくて。
マオ オリンピックみたいな緊張感だったよね。ここで俺が力を出しきれなかったら、もうあとはないぞみたいな。
Shinji 俺も、足が震えるくらい緊張したもん。ただ、俺たちならやれるっていう自信はあって。
ゆうや 実際、バッチリキメてお客さんの心を掴んだマオくんはさすがですよ。未だに、そのときのことをファンの方に言われたりするもんね。
マオ うん。そこで初めてシドを知ってくれて、以来ずっと応援してくれている人も多いし。
明希 でさ、あのとき確か、花道を走ったりしないほうが逆に目立てるからやらないようにしよう、って決めていて。俺はすごく走りたかったんだけど(笑)。
マオ うん、すげぇ言ってた(笑)。でも、当時の俺たちじゃ、花道の先まで行っても“キャー!”ってならないし。
明希 マオくんに、「次にやろうよ」とも言われてさ。今思うと、そのときすでに、マオくんは次の武道館まで見据えていたんだなって。そして、最初の頃に大舞台に立ったことで、次のライヴからもう何も怖くなくなったというか。初武道館で、だいぶ舞台度胸がついたと思う。

文/杉江優花

【SID 15th Anniversary RANKING COLLECTION】vol.01/2003年〜2004年の思い出BEST3