女優の樹木希林が18日の「あさイチ」(NHK総合)プレミアムトークのコーナーに出演。不倫について持論を述べた。

【写真を見る】不倫問題は「自分だけ守ろうとして人のせいにするのが見えると、お客も記者もピッと突く」と語った樹木希林

現在75歳の樹木は、最新の出演映画『モリのいる場所』(5月19日公開)で山崎努と夫婦役で初共演を果たし「山崎さんと一緒に、おんなじセリフを同じ場所で言えるなんてことは、60年近く役者やってて初めてでしたから。スタートは文学座で一緒でしたけど、うれしかったです、とっても。いい時間でしたよ」と満足気に語った。

映画が夫婦の物語ということもあり、神奈川県30代の女性から「旦那が嫌いです、どうしたらいいですか?」という質問が寄せられると「向き合うから欠点が全部見えてくるんですね。もっと世の中の、自分たち夫婦で参加できることとか探してください」とアドバイス。

博多大吉が「どんな人間にも欠点はひとつぐらいありますからね」と言うと樹木は「ひとつじゃないでしょ~なくて七癖っていうんだから。欠点はあって当たり前。『夫が嫌いです』って言ったら、その分だけあなたも嫌われてますよ」とバッサリ。

また、ワイドショーを見るのが好きだという樹木に「政界も芸能界も不倫がにぎやかな風潮をどう感じていますか?」という質問も。

「きちっと逃げないで引き受ければいいんじゃないですかね、男と女がいるんだから当然あるでしょう。自分だけ守ろうとして、どっかで人のせいにするみたいのが見えると、そりゃお客も記者もピッと突くじゃないですか。覚悟してすれば。見つからないだろうと思ってるほうが、おかしいかなぁ」と、どんな質問が来ても樹木希林流の答えを即答していた。

「あさイチ」は毎週月〜金曜朝8:15〜NHK総合で放送中。(ザテレビジョン)

樹木希林