JR東日本は、新幹線 上野大宮間のうちの埼玉県内区間で、吸音設置や防音壁かさ上げを施し、現行110km/h運転を、130km/hへ引き上げる。

<JR東日本公式発表PDFはこちら>

同社は、こうした騒音関連の地上設備工事を5月下旬から着手し、2年で了させ、130km/h運転実施で同区間の所要時間を最大1分縮める見込み。

新幹線 上野大宮間は、上越北陸方面と東北秋田山形方面の列車が乗り入れる混雑区間。埼玉県内区間の最高運転速度引き上げで、列車遅延などが生じた場合、ダイヤ回復をよりくするという狙いもあるか。