産経新聞社などが催する「ダイアンクライスコレクション アンティーク・レース展」が5月18日から、JR京都駅すぐの『美術館「えき」KYOTO』で始まりました。世界的なアンティーク・レース鑑定であるダイアンクライスさんの数万点におよぶコレクションから、16~19世紀のレース全盛期の作品を中心に、そこに表わされたモチーフレースの用途、ゆかりの人物など、単なる技法の説明にとどまらない網羅的な構成で紹介します。


ヨーロッパ歴史上、レースは常に重要な価値を持ってきました。王侯貴族たちは自らの富と権徴として、特別な価値を見出してきましたが、現在では、熟練した職人たちの技術は、ほとんど失われており、機械織りによる安価レース流となっています。
本展では、かつてヨーロッパの人々を魅了した超絶技巧でつくられ芸術品「アンティーク・レース」を展示しています。中近世ヨーロッパの「やかな」イメージをぜひご覧ください。
また京都に先立ち、5月13日まで開催された横浜展では、アンティーク・レースの大ファンである女優安田成美さんが来館し、「ため息しか出ませんでした」と感想を述べていました。
以下のサイトでその時の動画を閲覧できます。安田さんも感嘆したコレクションをお楽しみください。
https://youtu.be/beI5XD5_mEw

【開催概要
会  期平成305月18日)~6月3日(日) ※会期中
会  場美術館「えき」KYOTO(JR京都駅すぐ、ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
開館時間10時20時(入館締切=閉館30分前)
料  :一般800 (600)円、高・大学生600(400)円、小・中学生400(200)円
カッコ内は「障がい者手帳」を提示の本人と同伴者1名の料
  催産経新聞社美術館「えき」KYOTO
後  援ベルギー大使

配信元企業株式会社産業経済新聞社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ