コインチェックは、「Monero」など匿名性が高い仮想通貨の取り扱いを、6月18日に停止する。5月18日付の官報で公告した。

【その他の画像】

 取り扱いを停止するのは、匿名通貨「Monero」「Zcash」「Dash」と、ギャンブルなどにも使われる仮想通貨「Auger」。

 ユーザーがコインチェックに保有しているこれらの仮想通貨は、6月18日以降、「当社が適当と判断する時期と方法」で日本円に換金してユーザーの口座で管理するとしている。

 コインチェックは同日、Webサイトでこの件について発表。「少しでも懸念のある通貨を取扱うことについては、当社として適切ではないと判断し、仮想通貨の特性を踏まえた各種リスクの再検証」した結果、この4種類の仮想通貨の扱いを停止すると説明した。

【更新:2018年5月18日午後4時半:コインチェックのWebサイトでの発表を追記しました。】

5月18日の官報(電子版)より。2段にわたっていた内容を編集部で1段に編集