ガーミンジャパンとビザ・ワールドワイド・ジャパンは5月17日、GARMINのウォッチ製品向けにVisaのタッチ決済が利用できるサービス『Garmin Pay』を5月28日から開始することを発表しました。

Visaのタッチ決済は、NFCのType A/Bを利用する非接触決済の仕組みで、レジにあるリーダーにカードや対応機器をタッチするだけで支払いが可能。対応するGARMINのウォッチ製品をタッチするだけで、財布やスマートフォンを出さなくても買い物が可能になります。Visaのタッチ決済に対応するウェアラブルデバイスは、GARMINのウォッチ製品が日本初とのこと。

『Garmin Pay』には、三菱UFJ銀行が発行する三菱UFJ-VISAデビットが対応。カード情報を対応端末に登録することで、5月28日からVisaのタッチ決済が利用可能になります。対応ウォッチ製品は、『vivoactive 3』と5月24日に発売される『ForeAthlete 645 / ForeAthlete 645 Music』の2製品で、以降順次対応製品を拡大していく予定。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』