70年以上の歴史を持つ、通称「線」こと天竜浜名湖鉄道静岡県掛川市湖西市を結ぶローカル鉄道で、舎やプラットホームなど36施設が登録有形文化財だ。そのレトロなたたずまいが、観光客や鉄道ファンからも人気が高い。

【写真を見る】国の登録有形文化財に指定されている、天竜二俣駅のプラットホーム

この線で2018年4月1日より、洗&転台を体験できるツアー「洗って!回って!列車GO!」が登場。ほかではなかなか体験できないユニーク企画ということで、さっそく取材に行ってきた!

レトロな雰囲気の二俣

訪れたのは、静岡県浜松市にある二俣(てんりゅうふたまた)。ここは舎やプラットホームなど計10施設が登録有形文化財で、1940年(昭和15年)の創業当時の面影を今に残している。

今回参加したツアーは、洗機を使用した体の洗機関車台の回転を、“列車に乗しながら”体験できるというもの。

そもそも転台とは、かつて線に蒸気機関車が走っていた時代、その車両の向きを変えるために使われていた装置のこと。両方向に運転できる列車の普及により、現在は姿を消しつつある。しかし二俣では、扇形の庫に列車を格納するため、今も現役で稼働しているのだ。

■ 巨大なブラシが車両を洗う!

ワクワクしながら列車に乗り込み、ツアースタート列車さん不在のワンマン運転のため、内には整理券の発券機が。なんだかのんびりとした雰囲気。

車両基地内の線路を走り、方向転換をしながらしばらく進むと、の前に洗機が登場した。洗機の前で一旦停止し、運転士さんが運転台横のから手を伸ばして洗機のスイッチオン!このアナログシステムテンションが高まる。

そして洗機の中へ。両からシャワワワ〜とが吹き出し、の外には巨大なブラシが出現。ブラシは回転しながらゴシゴシと体を洗っていく。自動車の自動洗機をイメージしていたが、やはり乗用列車では迫が異なるので、これはぜひ体感してみて欲しい。

列車ダイナミックに回転!

ピカピカになった列車は、そのままゆっくり進んで転台の上へ。いよいよ回転だ!通常は直進するだけの列車がぐるりと円を描いて方向転換するさまは、なんとも不思議な感覚。この迫をよりダイナミックに体感したいなら、車両の端に座ることをオススメしたい。

その後、乗客は降して、今度は外から転台を眺める。なお、乗をせず外から転台を見学する「転台&鉄道歴史館見学ツアー」は予約不要で毎日開催しているため、そちらもぜひチェックしてみて。

台を存分に楽しんだ後は、機関車庫と、その横にある鉄道歴史博物館を見学。鉄道歴史博物館には、重な国鉄時代の鉄道アイテムや、当時の長室を再現したブースなどが多数展示されている。

登録有形文化財を眺めながら帰路へ…

最後に、の登録有形文化財である運転区事務室や運転区浴場などの施設の間を通って帰路へ。なお、これまで登場した機関車台や機関車庫もの登録有形文化財だ。

重な鉄道遺産を体感できる見どころいっぱいのツアーフォトジェニックなスポットも満載なので、参加する際はくれぐれもカメラをお忘れなく!(東海ウォーカー前田恵美

レトロな雰囲気が人気の天竜浜名湖鉄道 天竜二俣駅