歌手西城秀樹さんが16日に急性心不全のため死去したことが17日、わかった。63歳だった。2003年2011年に二度脳梗塞で倒れて右半身麻痺の後遺症を抱えながらも、それでも復活を諦めずにリハビリに励んでいた西さん。同じく昭和から平成を駆け抜けた芸界のスターたちから、続々と追悼メッセージが届いている。

【写真】西城さんの死を悼み芸能人が思い出を投稿<フォトギャラリー>

 ピンクレディーのケイとして活躍した増田恵子ブログ更新し、「ただただショックで…信じたくないです!」と投稿。同じマネージャーに面倒をみてもらった縁もあり、「大先輩なのに、勝手にのように感じていました」とんでいた。
 
 タレント見優は、「秀樹さんにはデビューの時から可がっていただき、20代の時にはドラマでも共演させていただきました」とコメントし、2ショットを掲載。「あまりの若さ天国に召されて、悲しいです」と故人を悼んだ。
 
 また女優三田佳子は西さんと共演したTBSドラマ『憧れ共同体』を懐かしみ、「こんなにく遠くに行ってしまうとは思いませんでした」と突然の別れを悲しんでいる。
 
 アンパンマン声優としても知られる女優戸田恵子は、西さんとかつて家族ぐるみの付き合いだったという。シンガポール旅行で撮影したという2ショットを掲載し、「今、写真見ながらも、全く信じられない気持ちで、何で今、写真見てるんだろうなんて思ったりしています…」と今もなお信じられない様子だ。

 また、漫画家さくらももこコメントを寄せた。さくら原作アニメちびまる子ちゃん』では、主人公まる子さきこが西さんの熱狂的ファンであるという設定だった。西さんは同作エンディングテーマ『走れ正直者』を歌ったこともある。さくらブログで「『走れ正直者』を歌っていただきとても楽しいテーマ曲になりました。 私達の世代にとって秀樹さんは本当にスターでした」と哀悼の意を表した。

 ツイッターでも、タレント川崎麻世は「が13時の時に番組で秀樹さんのモノマネをしてジャニーズスカウトされ芸界入りした」と明かし、「初めて帝国劇場で秀樹さんに会い感動のあまりサインをして頂いたら、ジャニーさんに同業者にサインめてはだめだと叱られた」とエピソードをつづり「秀樹さん、ご冥福をお祈り致します」と悼んだ。

 再起をかけてリハビリに励んでいた西さん。そのすぎる死は、彼の背中を見て育った芸人、著名人にも波紋を広げている。

引用https://ameblo.jp/hayami-yu/
   https://ameblo.jp/masudakeiko-blog/
   https://ameblo.jp/toda-keiko/
   https://ameblo.jp/445baaba/
   https://twitter.com/kawasakimayokun/
   https://lineblog.me/sakuramomoko/

西城秀樹さんの訃報に多くの芸能人から追悼メッセージが送られている ※「早見優」オフィシャルブログ