映画タクシー運転手 ~約束を越えて~』の本編映像開された。

現在開中の同作は、1980年5月18日から27日にかけて韓国で起きた「州事件」を題材にした作品。真実を追いめた1人のドイツ記者ピーターと彼を乗せたタクシー運転手マンソプの物語を描く。11歳のを1人で育てるタクシー運転手マンソプ役をソン・ガンホ、ピーター役を『戦場のピアニスト』『ヒトラー ~最期の12日間~』などに出演のトーマス・クレッチマンが演じる。共演者はユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル。監督チャン・フンが務めた。

今回の本編映像開は、本日518日に州事件から38年を迎えたことを記念したもの。ピーターを州に置いたまま、1人で留守番中ののもとに向かうマンソプが食堂に立ち寄るところから始まり、自身が見てきた州の真実州の外側では誤った情報で発信されていることに複雑な表情を浮かべるマンソプの姿や、食堂でマンソプが素麺料理ジャンチグッス」を勢いよく啜り、おにぎりを食べるシーンタクシーを運転しながら「どうしたらいい?一体は……」とマンソプが涙を流す場面などが映し出されている。

なお韓国では、「#MeToo」運動の影州事件の新たな言が明らかになったほか、ピーター役のモデルになったユルゲン・ヒンツペーター自身が撮影していた未映像ベースにしたドキュメンタリー映画『5・18 ユルゲン・ヒンツペーター ストーリー(原題)』の開を控えるなど州事件に対する関心が再び高まっているという。

『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』 ©2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.