2018年1月31日満月地球の陰に入り、が普段よりく暗く見える皆既月食が観測されました。このは「スーパーブルーブラドムーン」とも呼ばれ、35年ぶりに出現したものです。自宅や帰り道夜空を見上げたという人も多いかもしれません。スーパーブルーブラドムーンのように、にはさまざまな呼び名やがあります。ここでは、そんなについて迫ってみましょう。

夜空に現れたスーパーブルーブラッドムーンとは!?

スーパーブルーブラドムーンという名前を聞くと、なんだかとてもすごいだという印を受けませんか? こうした呼び方はもともと欧で使われており、近年日本でも使われるようになりました。

にはさまざまな呼び方があり、地球に接近することで大きく見えるを「スーパームーン」といいます。また1カのうちに2回満月を「ブルームーン」、そしての表面が皆既月食く見えることを「ブラドムーン」といいます。スーパーブルーブラドムーンというのは、この3つの現が同時に起きるのことなのです。

ちなみに2018年1月に加えて、7月28日にも皆既月食が起こります。7月深夜から明け方にかけて月食が起こり、月食中にが沈む「入帯食」が起きるそうです。

さまざまな見え方をするですが、いつもとは異なる姿を見られるとなれば、気になってしまう人もいるのではないでしょうか。普段は体に興味がなくても、思わず夜空を見上げてしまう1年になりそうですね。

なぜ形を変える? ミステリアスな月の秘密

では、なぜは満ち欠けして、形が変わっていくのでしょうか。

の満ち欠けは、地球太陽距離や位置が関係します。地球衛星で、地球の周囲をまわっています。は自ら発せず、太陽によってって見えます。そのため太陽の間に地球があることで、太陽が反射している部分しか見えません。この時地球から見た満月です。

一方、地球太陽の間にある場合は、地球からはの影しか見ることができません。これが新の状態です。つまりがさまざまな位置にあることによって、地球からは半分に見えたり、少しだけ見えたりするのです。

の満ち欠けは、約29.5日の周期で起こっています。カレンダーの並びを考えても、満月の日は通常1カに1回になります。そのため1カに2度ある満月しく、3年に1度といわれています。

さらには表と裏で状態が大きく異なります。表面の明るい部分が「高地」、暗い部分は「」と呼ばれています。裏側は隕石の衝突によってできたクレーターという凸凹のある状態になっています。なぜ表と裏でこんなに違うのか、その理由ははっきりしておらず、に包まれたまま。他にもは誕生についてもさまざまな説があり、多くの不思議がまだまだ残されています。

これからますます研究が進んでいくことが予想される宇宙・地球学

多くのを持つについては、現在もさかんに研究が行われています。昨年は米国大学が、新たな研究結果を発表しました。の表面全体にある火山性堆積物の中に、大量のが含まれていることを明らかにしたのです。そのため将来面調に人が訪れる時には、地球からを持って行かずに済むかもしれないと考えられています。

研究が進むことで再び人がに調に向かったり、さらなるの秘密が明らかになったりする日も近いかもしれません。

地球に関する研究を深める学問は「宇宙地球学」と呼ばれています。宇宙地球学は、文字通り、太陽惑星、また宇宙の広がりを研究します。さまざまな観察技術を駆使しながら、地球の誕生や宇宙の始まり、進化を分析する学問で、大学の授業では数学物理化学といった自然科学ベースに学びます。その上で、地質や岩石の他に、線や電波といった環境視点からも、地球宇宙についてアプローチします。

皆既月食の他にも、体では日食流星群などさまざまな現が起きています。こうしたことがなぜ起きるのか疑問に感じたり、もっと宇宙の秘密を知りたいと思ったりした人は、宇宙地球学に関する知識を深めてみるといいかもしれません。


【参考文献】
福岡少年科学
http://www.science.pref.fukuoka.jp/tenmon/tenmon_event/2015blue_moon.html
ハフポスト
http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/31/super-blue-blood-moon_a_23348574/
AllAbout
https://allabout.co.jp/gm/gc/472528/
国立研究開発法人産業技術総合研究所
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2012/pr20121029/pr20121029.html
AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3136903