5月18日より劇場公開開始となる『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を前に、ハルオ・サカキ役の宮野真守に話を聞いた。


――第一章『GODZILLA 怪獣惑星』が公開されたのが、2017年11月。『ゴジラ』シリーズ初のアニメーション映画です。反響はいかがでしたか。
 男の子って、何かしらの形で『ゴジラ』シリーズには触れてきていますよね。でも、僕のファン、とくに女の子達は、『ゴジラ』シリーズを見たことがなかった子も多いんです。「新たに『ゴジラ』に触れた」と聞くと、今回、僕が参加することによって、『ゴジラ』シリーズを少しでも広めることができたのかなと思い、うれしかったですね。『ゴジラ』ファンの方々も、『GODZILLA 怪獣惑星』は、また新たな『ゴジラ』として楽しんでいただけたようです。『ゴジラ』の面白さがどんどん広がったんだなと感じられる声が届いて、それがすごくうれしくて。

――プレスコの収録は、約2年前にすべて終わっているとお聞きしています。第一章で、完成した映像をご覧になっていかがでしたか?
 プレスコ時には映像はできていなかったので、映像を見た感動は、きっとファンの皆さんと同じです。ハルオ達が最初に戦うゴジラの大きさにも圧倒されたんですけど、その後にもっとでっかい<ゴジラ・アース>が出てきちゃったので(笑)。何しろ『ゴジラ』史上最大ですから。一ファンとして、すごく感動しましたね。プレスコのときは、「2万年後の地球はどんな風になっているんだろう」と、監督に聞きながら進めていましたが、やっぱり想像の域を出ないところはたくさんあったので……。実際の映像を見ると、感動もひとしおでした。

(さらに…)