エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、昨年8月に国内提供を発表した、拡張現実(AR)技術により生産現場での保守作業を効率化し、人的ミスを削減するソリューション「EcoStruxureTM Augmented Operator Advisor」(エコストラクチャー オーグメンテッド オペレーター アドバイザー) (以下略称、シュナイダーARアドバイザー) の販売体制を強化しました。
今回、シュナイダーARアドバイザーの販売パートナーとして、10社とパートナー契約を締結するとともに、販売パートナー専用の開発用ソフトウェア「シュナイダーARビルダー」の提供を開始します。

シュナイダーARアドバイザーは、AR技術の活用により、現場でさまざまなデータへの迅速なアクセスを可能にすることで作業効率を向上させるとともに、経験や勘に頼らないメンテナンスができるため、オペレーターの安全性向上にも役立つソリューションです。昨今の働き方改革やそれに伴う生産性の向上を支えるソリューションの一つとして、AR技術の活用が注目されるなか、シュナイダーARアドバイザーをより多くのお客さまへご提供するために今回10社との販売パートナー契約を締結しました。

今回販売パートナー契約を締結した10社は関東、中部、北陸、関西、中国・四国の地域にそれぞれ強みを持っているため、幅広いエリアに対してシュナイダーARアドバイザーの提供が可能となります。販売パートナーとなった各社には、AR専用の開発用ソフトウェア「シュナイダーARビルダー」が提供され、自社のサービスや製品へシュナイダーARアドバイザーの組み込みができるようになります。

シュナイダーエレクトリックは積極的に販売パートナーの拡充を行っており、今後もさまざまな生産現場に強みを持つパートナーとも契約をする予定です。シュナイダーエレクトリックでは、販売パートナーと協力しながら、年間50システム以上の導入を目指していきます。


販売パート―ナー企業(50音順)
因幡電機産業株式会社     (代表取締役社長:守谷 承弘、本社:大阪府大阪市)
株式会社サンセイテクノス (代表取締役社長:浦野 俊明、本社:大阪府大阪市)
スズデン株式会社   (代表取締役社長:酒井 篤史、本社:東京都文京区)
株式会社高木商会 (代表取締役社長:中山 広幸、本社:東京都大田区)
鳥居電業株式会社 (代表取締役社長:池田 茂、 本社:東京都千代田区)
株式会社日伝 (代表取締役社長:福家 利一、本社:大阪府大阪市)
北菱電興株式会社    (代表取締役社長:小倉 一郎、本社:石川県金沢市)
マナ・デザインワークス株式会社 (代表取締役:石神 孝顕、 本社:大阪府大阪市)
明治電機工業株式会社 (代表取締役社長:林 正弘、 本社:愛知県名古屋市)
ライト電業株式会社 (代表取締役社長:岡本 典久、本社:岡山県岡山市)

製品についてのお問い合わせ先
TEL:0570-056-800

シュナイダーARアドバイザーの製品ページ
https://www.proface.com/ja/solution/AR/top

Schneider Electricについて
Schneider Electricは、ビル、データセンター、基盤インフラ、産業に向けたエネルギーマネジメントとオートメーションの「デジタルトランスフォーメーション」を推進しています。世界100ヵ国以上で事業を展開し、電力管理(低・高電圧およびセキュアパワー)とオートメーションシステムの分野で名実ともに業界のリーダーです。エネルギー、オートメーション、ソフトウェアを組み合わせ、統合された効率化システムを提供します。当社のグローバルなエコシステムの中で、当社のオープンプラットフォームを活用しさまざまな企業や開発者コミュニティと連携することで、リアルタイム管理や高効率な運用を実現します。私たちは当社をとりまく素晴らしい人々やパートナーに支えられ、そして技術革新・多様化・持続可能性へのコミットメントを通して、いつでも、どこでも、だれにでも「Life Is On」を実現します。
www.schneider-electric.com/jp

配信元企業:シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ