UNISON SQUARE GARDENが、オーディオテクニカタイアップし、重低音ヘッドホンシリーズイメージムービーに7thアルバムから「Dizzy Trickster」が採用され、本日開となった(https://youtu.be/bHJiICQRSc8)。

 オーディオテクニカは、“圧倒的な低域表現”をコンセプトとしたヘッドホンSOLID BASS seriesソリッドベースシリーズ)』のラインナップとして、新たに7モデルを発売。これを記念して新進気鋭のアーティスト/ペインターbaanaiを起用したイメージムービーを作成し、UNISON SQUARE GARDEN」とのタイアップを実現した。

 『SOLID BASS series』は、2009年に初代モデルが登場して以来、多くの方に支持されてきたシリーズ。昨今のトレンドやワイレス市場の盛り上がりをうけ、本シリーズインナーイヤーヘッドホンを一新し、ワイレスヘッドホンATH-CKS7TW』(約8時間の連続再生)をラインナップに加えた。

 『SOLID BASS series』の深く、鮮明な重低音がもっと濃密で特別な毎日にしていく、という思いを込めて“濃く、生きていく。”をテーマプロモーションを展開。そのテーマを体現するメインキャラクターとして、世界的なファッションブランドにも作品を提供するアーティスト/ペインターのbaanaiを起用した。様々な困難に直面しても自分の生き方を貫き通し、ひたむきに生きるbaanaiの生活の一面を切り取るようなムービーと、今回のために書き下ろしたアートワーク、そして『SOLID BASS series』が重なり合うことで、製品の持つ魅を表現している。

 ムービーの楽曲には、UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾンスクエアガーデン)が1月24日に発売した7thアルバムから「Dizzy Trickster」を採用。今年も30都市32演の全ツアーを行うなど、音楽を通して濃く生きている彼らの、破壊的で疾走感のある曲を乗せ、『SOLID BASS series』の持つイメージだけでなく、新たな一面を感じるムービーに仕上がっている。

UNISON SQUARE GARDEN、オーディオテクニカ重低音ヘッドホンシリーズのイメージムービーに楽曲提供