『後妻業の女』(16)の鶴橋康夫監督阿部寛演に迎えた映画『のみとり』の初日舞台挨拶5月18日TOHOシネマズで開催され、阿部をはじめ、寺島しのぶ、豊斎藤工松重豊鶴橋監督が登壇。濡れ場も演じた阿部が「ちょっとエッチ映画です」と照れ笑いでアピールした。

【写真を見る】男の色気あふれる!斎藤工はデニム地のジャケットで登場

本作は、床で女性をお届けする裏稼業“のみとり”を命じられたエリート士・小林寛之進の悲喜こもごもを描く痛快な時代ドラマ阿部は「R-15映画。艶のある映画ですが、思いっきり笑っていただける作品になった。これは鶴橋さんにしかできない」と監督感謝し、「劇場で大笑いできる、ちょっとエッチ映画です」と笑顔で会場にりかけた。

裏稼業“のみとり”を描くとあって、濡れ場も多い本作。舞台挨拶でも濡れ場に関するトークで、会場が大盛り上がりとなった。寺島は「際どいシーンもあった。子どもも産んだので『大丈夫かな?』と思って監督に相談したら、『オーライ』と言ってくださった。監督のためだったらなんとかしたい、要望に応えたいと思わせてくれる不思議な魔を持った監督」とをくくった撮影を述懐。

斎藤は「世の殿方の教科書になると思う」と本作の濡れ場を“教科書”と表現。豊は「4人でのプレイ」を振り返り、「4Pっていうんですか?どういうねらいかわからずにやっていたけれど、これまたシュールですばらしい濡れ場になっていてびっくりしました」と印的なシーンとなったことを明かしていた。

重は「この時代の話で、1m80cmえたおっさんがそろうことはない。ありえない設定で、江戸時代を遊ばせていただいた」と時代劇にも関わらず、高身長役者がそろったことに触れて会場も大爆笑重は、豊に蹴られるシーンでの“色気”に驚いたそうで「異常に色っぽい。男なのに、ドワーッとくるくらい。必見です」と感嘆。ステージ上で阿部、豊斎藤の3人が並んだ姿を見ても、「(色香が)バーッと匂ってきますね」とっていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

シャンパンで初日をお祝い!