ジョニー・デップが、アンバーハードから離婚を突き付けられてから約2年。写真を突き付けられてDV疑惑にまで発展したうえに、エージェントや元ボディガードらからも訴訟を起こされており、ダメージコントロールがままならず。俳優としてはほとんど姿を現していない。

【写真を見る】バンド活動ではまるで別人!モヒカン&やつれ顔が話題となったジョニー・デップ

そんなジョニデの一の救いが音楽だ。アンバーから離婚を突き付けられた直後も、アリスクーパー、ジョー・ペリーら率いるバンドハリウッドヴァンパイヤーズのツアー活動を行ってきたが、今回も5月17日NYを皮切りにツアーを決行。リハーサルの様子がTMZ.comなどに掲載されているが、タトゥーだらけの腕にTシャツジーンズ姿のジョニーは、頭の上だけを残し、その部分を編み込んだウルトラモヒカンヘアという出で立ち。

ニュールックでツアーに挑むようだが、サングラスをかけている顔は見えないものの、肌に艶はなく首などもシワシワ。一時期の巨ぶりは影を潜めてすっかり痩せたようだが、どちらかというとやつれている感じに見える。

これらの写真を見たネットユーザーたちからは「アンバーとの結婚で、ジョニデは終わった」「お酒ドラッグで、見る影もない」「イケメンなのに、内面的にもいい年のとり方をしていない典」「あまりの変わりように驚き」「こんなに変わった俳優しい」「悲しすぎる」といった意見が寄せられている。

一方で「来55歳になるんだよ。自分の周りに、こんなイケてる男性っている?」「ヘイターは何でもけなすけど、別に普通だと思う」「いつまでもイケメンめる方がおかしい」「アンバーにしてやられたのは事実だけど、可愛い(リリーローズ)もいるし彼は大丈夫」「どちらかというと、これが本来のジョニデだと思う」「つらい時だけど、アルコール依存症していつか復活してほしい」といった擁護のも寄せられている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

健康状態が心配されるジョニー