メンバー発表当日の西野監督のもとへ“小林負傷”の連絡 「外さざるを得ない」と決断

 日本サッカー協会は18日、都内で記者会見を開き、30日に行われる際親善試合ガーナ戦の招集メンバー27名を発表した。西野監督は「今、報告を受けた」とメンバー発表当日に日本代表を襲ったハプニングを明かしている。

 4月7日付でバヒド・ハリルホジッチ前監督を電撃解任し、西野朗新監督の下でロシアワールドカップW杯)に臨むことになった日本代表にとって、本大会初戦のコロンビア戦(6月19日)まで20日というタイミングでの“新体制初”となる。

 そんななか、西野ジャパンは18日にガーナ戦に向けたメンバー27人を発表したが、当日に思わぬ事態が起きていたという。西野監督は選考を断念した2選手として、ガンバ大阪MF今野泰幸川崎フロンターレのFW小林の名前を挙げた。ともにコンディションが理由で、今野は「重いオペではないが、受けなければいけない」と説明している。そして、悲運に見舞われたのが小林だ。

「今、報告を受けた。2週間ほどの怪を負ったということだった。それまではリストに入っていた」

 西野監督小林を選出していたことを明かしている。ところが、メンバー発表のになって西野監督のもとに“小林負傷”の連絡があったという。「プラス5名という判断を今まではしていたが、残念ながら外さざるを得ない」と苦渋の決断に至った模様だ。

 小林はこれまでも負傷で代表離脱という憂きに何度も遭っており、今回も代表から外れることになった。(Football ZONE web編集部)

今野とともにメンバーから外れた川崎のFW小林【写真:Getty Images】