センターに消えていった快な一発の打球速度の初速は166キロを記録

 エンゼルス大谷翔平投手17日(日本時間18日)、本拠地のレイズ戦に「5番・DH」でスタメン出場。9回の第4打席でチーム完封阻止する6号ソロを放ち4打数1安打1打点の活躍を見せた。チームの得点は大谷が放った一発のみで試合は1-7で敗れ3連敗を喫した。

 この日は「5番・DH」でスタメン出場した大谷レイズエース右腕クリスアーチャーの前に3打席連続ノーヒットと苦戦を強いられた。だが、7点を追う9回の第4打席では2番手・右腕プルイットから中堅に消えていく快な6号ソロを放った。

 MLBの解析システム「スタットキャスト」の数値によると、大谷が放った本塁打の打球速度の初速は103マイル(約166キロ)を記録し、推定飛距離411フィート(約125メートル)であった。(Full-Count編集部)

9回に第6号となる本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】