一般社団法人ティーチャーズ・イニシティブ(東京都千代田区 代表理事:米倉一郎)は来たる6月16日(土)、『先生の意識が変わると社会になにが起こるのか?』と題し、千代田区麹町中学校にてシンポジウムを開催いたします。

当団体は、米倉一郎(一橋大学教授)、鈴木寛(東京大学慶應義塾大学教授)、児美孝一郎(法政大学教授)、前野慶應義塾大学教授)、宮地教育と探社代表取締役社長)らが発起人・理事となり、2015年9月16日に発足いたしました。

予測不な時代と言われる昨今、子どもたちにめられる資質、等も変化すると同時に必要な教育も大きく変わりはじめています。そんな教育現場で奮闘し、実践している先生方を応援し、ひとりでも多く方が21世紀の学びを実現できるようシフトすることを的とした、「21世紀ティーチャーズプログラム」を2016年8月から開講しました。第1期には33名の全先生方が、第2期には24名の先生方が参加し、約半年間の活動を通じて大きな意識変容と授業の向上を実現しています。
シンポジウムでは、この第2期「21世紀ティーチャーズプログラム」の受講代表者による活動実践報告と官民それぞれ教育に関わるお立場の方をお招きし、社会変革における教育の機教師の役割について広く議論を深めてまいります。
つきましては、ご多忙中とは存じますが、ご取材賜わりますようご案内申し上げます。



先生の意識が変わると社会になにが起こるのか? 開催概要
【日時】 6月16日(土)13:15~17:35 (開場 12:45
【場所】 千代田区立麹町中学校千代田区河町2丁5-1)
【定員】 100
催】 一般社団法人ティーチャーズ・イニシティ
【協未来教育会議
【式次第】

配信元企業:一般社団法人 ティーチャーズ・イニシティ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ