東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤二、以下「JR東日本」)は、「生活サービス事業成長ビジョン(NEXT10)」のもと、これまでのビジネスに磨きをかけるとともに、事業の変⾰及び創造をしています。
○ 「川崎駅西口開発計画」について、本年4月より準備工事等を進めておりましたが、本日起工式を執り行い、本体建設工事に着手いたします。なお、ホテル開業は2020年、全体完成2021年の予定です。
○ 本計画は、際的な先端産業・研究開発都市へと進化する川崎市において、「川崎駅西口大宮町地区 地区計画」(1999年12月決定)に基づき、当社変電所跡地と取得した複数隣接地を一体的に進める地再開発です。
際競争情報発信をもつビジネス・宿泊・商業機の大規模複合まちづくりにより、川崎駅周辺の都市強化・歩行者ネットワーク及び回遊性向上を実現して参ります。

外観イメージ(敷地北東側から望む)
行政手続き中のため、計画は今後変更となる可性があります。

< 本計画のな特徴 >
1.川崎エリア最大級の大規模・環境配慮オフィス
川崎駅近接地において、基準階貸室面積800坪(総貸室面積20,000坪)・天井高2,800mmによる、川崎エリア最大級の大規模オフィスロアを実現します。
○ BCP機強化として、非常用発電機や災害に強い中圧ガスによるガスコージェネレーションシステムにより、停電時には要設備の他、専用部に15VA/メートル供給など、72時間以上の電供給を可とします。
ガスコージェネレーションシステムの導入や日射遮蔽を図る外装パッシブデザイン等の環境配慮計画により、CASBEE(建築環境総合性評価システム)にてSランクを取得予定です。
○ 快適で生産性の高いオフィスライフ提供するため、カンファレンス等のオフィスサポート施設や、屋上ラウンジ等のリフレッシュスペースを充実させます。

エントランスホール 

屋上ラウンジ

2.川崎エリアでの訪日外国人の滞在を促進し、地域ブランディングに寄与するホテル
川崎エリア最大級規模の約300室の「ホテルメトロリタ川崎(仮称)」の開業を予定しております。
インテリアデザイン監修には、内外の幅広い分野で活躍をしている「SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.」を起用し、やすらぎやぎのあるデザインを実現します。
○ 時間帯に合わせた多メニューテラス席などのバリエーションに富んだ客席のオールデイダイニングを計画し、迫のあるオープンキッチンではライブ感と活気に満ちた食のシーンを演出します。
○ 快適で豊かなホテル滞在のため、ミーティグルーム・ランドリーラウンジジム等の付帯施設を充実させます。
○ 開放感あるロビーカフェは「音楽のまち」川崎市の多音楽文化を発信し、様々なイベントによって地域に新しいつながりが創られるような交流拠点を創出します。

客室内観

ロビーカフェ内観

3.こだわりのUrban Life Style をサードプレイ賑わい施設・子育て支援施設
オフィスワーカー都市生活者に対して、多様なワークプレイスや交流・憩いの場を提供する商業フロア(飲食店等)を展開します。
大人~お子さままで多世代の利用ニーズに対応し、こだわりの健康づくりをトータルサポートできるジムプールスタジオを備えた約4,000メートル の大フィットネス&スパを計画します。
○ 当社グループで進める「HAPPY CHILD PROJECT」の一環として、ビル内に約400メートル の保育施設を整備し、子育て支援から暮らしやすい沿線づくりを実現して参ります。

商業フロア内観

商業フロアテラス

4. 周辺地との歩行者ネットワーク・回遊性を強化する豊かなエクステリア
○ 2階レベルにて、近隣施設と接続する歩行者デッキ歩行者専用道路等の共施設を整備すると共に、敷地北東~南西に通じる一連の除け動線を形成し、歩分離による安全・快適な歩行者ネットワークの強化を図ります。
○ 本デッキ上に2箇所の広場を計画すると共に、地域特性や生態系を活かしたランドスケープデザインとし、豊かな憩いの場を提供します。

歩行者デッキ上広場

歩行者デッキ ホテル棟前アプローチ
※画像は、全てイメージになります。

< NEXT10における本計画の位置付け >
○ 本計画は、社有地の複数隣接地を取得し一体化することで、前にまとまった開発用地を生み出し進めた大規模複合まちづくりであり、NEXT10で掲げている「周辺や中への事業領域拡大」の足掛かりとなるプロジェクトです。
○ 本計画により「川崎駅西口地区 地区計画」に基づく再開発を完結させることで、周辺の更なる都市強化・歩行者ネットワーク及び回遊性向上を図り、地全体の魅向上並びに「CITY UP!」を実現して参ります。
行政手続き中のため、計画は今後変更となる可性があります。

配信元企業東日本旅客鉄道株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ