JTBグループでSITSpecial Interest Tour旅行)に特化した旅行商品「サン&サン」を企画・実施する株式会社JTBガイアレック(東京都豊島区、代表取締役社長堀江伸也)は、「日本を走ろう! サイクリング」を2018年5月18日)に発売します。

日本を走ろう! サイクリング」では、初心者の方でも気軽に楽しめる“ポタリングコース”や、上級者向けの“スポーツバイクコース”をご紹介しており、お客様の楽しみ方に適したコースを設定しています。“ポタリング”とは、自転車でお散歩をするような感覚でスピード距離にとらわれず、その土地の空気を肌で感じながら観光するサイクリングのひとつです。路線バスの移動では見落としてしまいそうな色やその地域の新たな魅が発見できます。

気軽に走ろう!ポタリング
観光地を巡る移動手段として気ままに楽しめる“ポタリング”では、十和田ヶ沢・浅温泉青森県)、河口山梨県)、伊豆下田静岡県)、軽井沢長野県)、京都路地裏(京都府)、奈良市内(奈良県)、出雲島根県)、尾道広島県)と全10コースがあり、観光地やグルメ、おすすめビューポイントを組み込んだモデルコースとなっています。
木々に囲まれた自然が魅軽井沢では、涼しい気の中で静寂の中に佇む歴史的建造物やの重要文化財などを巡る、おとなののんびりとなっています。京都路地裏サイクリングコースは老舗の料亭やお茶屋が軒を並べる情ある町並みを通るコースで、“ガイド付きポタリング”が選択でき、今も残る京都ならではの暮らしや文化を学ぶことができます。

スポーツバイクコース
本格的にロングコースを楽しむ“スポーツバイクコース”では、瀬戸内しまなみ海道広島県愛媛県)、沖縄本島北部羽地内海久米島宮古、の全4コースがあります。グルメ観光スポットの他に、サイクリング初心者の方向けに基本装備、事前に準備しておくこと、自転車の輸送方法などの情報パンレットに掲載しています。
際大会が開催される最も人気コースであるサイクリング聖地と言われている、瀬戸内しまなみ海道は全長70kmの縦走コースがあります。ほかにも初心者向け尾道コース今治コース(約40km地点までサイクリングし、高速バスしまなサイクルエクスプレスで戻るコース)や、約20kmの多々羅大橋往復コース(生口・大三島を往復し、船で尾道に戻るコース)などレベルに合わせた様々なコースを紹介しています。

サイクリングはいつでも立ち止まることができ、予期せぬ出会いや学びが得られます。旅行中の一つのアイテムとしてサイクリングを取り入れてみてはいかがでしょうか。
【商品内容一例】
<ポタリング軽井沢サイクリングコース 2日間
■出発日:2018年6月1日)~11月30日
■宿泊施設:軽井沢プリンスホテルウエストイン
■交通:往復JR利用(東京駅軽井沢駅
旅行大人おひとり様 23,700円~54,700円(2名1室朝食付)
レンサイクル(宿泊施設フロントにて)
軽井沢プリンスホテルのエンジョイチケット1枚付
※エンジョイチケット内のメニューレンサイクル5時間利用可
モデルコース(所要時間安:食休憩含む約4時間30分/距離:約11.1km)
軽井沢駅 ⇒ ささやきの小径 ⇒ 万ホテル ⇒ パウロカトリック教会 ⇒
軽井沢ショー記念礼拝堂 ⇒ 旧三笠ホテル ⇒ 旧軽井沢銀座通り ⇒ 場池 ⇒ 軽井沢駅

スポーツバイク瀬戸内しまなみ海道 3日間
■出発日:2018年6月1日)~11月28日
■宿泊施設:尾道ホテル(ツイン21メートル
■交通:往復航空機利用(羽田空港広島空港
旅行大人おひとり様 41,700円~112,100円(2名1室食事し)
モデルコース 多々羅大橋往復サイクリングコース
(所要時間安:食休憩含まない約2時間30分/距離:約20km)
尾道港 ⇒ 瀬戸田港 ⇒ しおまち商店 ⇒ 瀬戸観光案内所レンサイクルターミナル ⇒ 
瀬戸田サンセットビーチ ⇒ レモン ⇒ 多々羅大橋 ⇒ 道の駅多々羅しまな公園 ⇒
瀬戸観光案内所レンサイクルターミナル ⇒ 瀬戸田港 ⇒ 尾道
尾道港―瀬戸田港間は“瀬戸内クルージング”利用
なみホッピング・パス
尾道瀬戸田 往復乗船券(瀬戸内クルージング)+レンサイクル
大人おひとり様 2,250円(本商品をお申込の場合)(現地払い)
<商品のお申し込みはJTガイアレック公式HPhttp://www.jtbgaiarec.co.jp/

配信元企業株式会社JTB

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ