JR西日本が6月30日に、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とのコラボレーション新幹線「ハローキティ新幹線」の運行を開始すると発表しました。また、あわせて内装デザインも公開しました。

 運転開始は6月30日博多発6時40分のこだま730号で新大阪には11時13分に到着。新大阪発は11時29分のこだま741号となり博多には15時38分に到着します。こだま730号・741号は毎日運転の定期列車となっており、2018年10月以降の運転日は決定次第発表されます。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 「ハローキティ新幹線」の車両は、1号車が西日本の地域を期間限定で紹介する「HELLO!PLAZA」。地域の特産品を扱うショップスペースと、映像コーナーが設置されます。最初は7月~9月に開催される「山陰デスティネーションキャンペーン」にあわせて鳥取県と島根県がテーマ。1号車車内では「鳥取ハローキティ」、「島根ハローキティ」のオリジナルペイントが乗客をお出迎え。鳥取県・島根県のおすすめイベントやおすすめスポットが紹介されます。なお、10月頃からは「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン・アフターキャンペーン」が開催される山口県がテーマとなります。

 そして2号車「KAWAII!ROOM」は、ハローキティ仕様のかわいいお部屋となり、旅の案内人「ハローキティ」といっしょに記念撮影ができるフォトスポットが用意されます。そのほかには、車内チャイムが「ハローキティ新幹線」限定のオリジナルメロディに変更されます。


 また、運行開始にあわせ、スマートフォンを使ってチェックポイントを回るWEB スタンプラリーが6月30日~9月30日に開催。車内、鳥取・島根でスタンプを集めるとオリジナルグッズがプレゼントされます。

 博多駅では「ハローキティ新幹線カフェ(仮称)」をオープン。ハローキティ新幹線の運行開始に先立ち、2018年6月1日よりプレオープン予定。また、ハローキティのグッズが手に入る「ハローキティ新幹線ショップ(仮称)」も6月30日にオープン予定となっています。

情報提供:西日本旅客鉄道株式会社、株式会社サンリオ

JR西日本「ハローキティ新幹線」が6月30日に運行開始 内装デザインを公開