ルーキーイヤーの昨年は4勝7敗の成績を残した

 開幕から2軍で調整しているロッテ2年佐々木千隼投手が、18日ZOZOマリンで行われたイースタンリーグDeNA戦で先発4月10日楽天戦以来となる先発登板だったが5回3安打失点の好投を見せチームの勝利に貢献した。

 一時体調を崩し、実戦から離れていたが、5月4日ヤクルト戦で1イニング、11日の日本ハム戦で2回2/3を投げ順調に調整をこなし先発にこぎつけた。「いいボールと、悪いボールがはっきりしている。取り組んでいることが、出せてる部分と出せてない部分がある。出せてる部分の確率をあげること」と佐々木

 終始一貫したテーマは、腕を振って、強いっすぐを投げることで「スピード、球の強さも出始めている」と一時のどん底状態からは脱しているようだ。涌井、石川の2枚看石川5月に入って3連敗。新外国人ボルシンガーを含め、あとに続く先発も固まっていないだけに、昨年4勝7敗のドラフト1位右腕が、いまだファームにいるのはチームにとっては痛いところだ。

 ドラフト5位ルーキー渡邊プロ登板先発となった17日のオリックス戦で5回3失点(自責1)とりの投球を見せ、次回の先発につなげた。佐々木は「(渡邊が)投げているのを見て、焦るわけではないが、く(1軍で)投げたい思いはある」とルーキー右腕に刺を受けていた。(細野功 / Yoshinori Hosono

2軍戦に登板したロッテ・佐々木千隼【写真:細野能功】