俳優阿部寛が18日、都内で行われた映画『のみとり』(開中)の初日舞台あいさつに登壇し、山村紅葉との濡れ場シーンにつま先が伸びきるほど緊したことを明かした。舞台あいさつには寺島しのぶ、豊斎藤工松重豊鶴橋康夫監督も参加した。

 本作は小松重男の時代小説「蚤とり」の実写映画化。エリートから客の飼い猫の蚤を取るサービス業に左遷された小林寛之進(阿部)だが、その実態は、お客様にをご奉仕する添寝業だった。そんな裏稼業に生きる男が、本物のと人情に出会っていくさまを描く。

 上映後の観客の前に登場した阿部は、本作がR15定(15歳以上鑑賞可)ということもあり「大丈夫でしたか? かなりきわどいシーンも出てきましたけど」と気遣うも、「でも、皆さん笑顔なので笑える作品に仕上がったんだなと思っています」と安堵の表情。斎藤は、身長185センチ以上という阿部、豊重に視線を向け「上背だけじゃなく、役者の大先輩としても針となる方々なので(共演は)幸せでした」と喜ぶと、「阿部さんは役柄の心情によって自在に身長コントロールできるんじゃないかな。小柄に見える時がありました」とも話し、会場の笑いを誘った。

 その後、印的なシーンを尋ねられると、阿部は「一番緊したシーン山村紅葉さんのところ」と寛之進と山村演じる女性客との濡れ場シーンを挙げ、「つま先までピーンと伸びきって(しまうほど緊して)」と回顧。さらに、「あそこは、芝居を忘れているような……」とぶっちゃけ、思わず「すいません」と謝罪する場面も。台本を読んだ当初は、あまりにも個性的なキャラクターのため「これはがやられるんだろう」と考えたが、「紅葉さんと聞いて、もう思いっきりやってください」と思ったという。そして、その要望をえる思い切りの良さに面食らい、緊したようだ。

 その余波は大きく、寺島京都の撮影所に行った際、2日前に行われた山村の撮影について「京都スタッフが騒然としていて、『本当にすごかった』とずっと話題になっていた」と告白。すると豊も「撮影所全体が騒然となっていて、火事でもあったのかなと思うほどでしたが、スタッフがあれだけ喜んだシーンは体験したことがなかったので、このシーンの面さはずば抜けているんだろうなと思いました」としみじみ。また、「あそこ阿部寛という俳優役者魂を見た感じがします。何でもできちゃうんだな」と称賛した。

 スタッフキャストが体当たりで作り上げた本作。鶴橋監督は「ありがとうだけです。本当に(キャストは)誇りです。これが遺作になってもいいと思っている」と大満足しながらも、「しかし、企画書は彼ら(キャスト)のために書き始めています。またよろしくお願いします」とさらなる映画作りに意欲を見せていた。(取材:錦那)

山村紅葉のシーンに撮影所全体が騒然!