11月明治座に『魔界転生』がお見えする。幕府のキリシタン弾圧で非業の死を遂げた天草四郎が、魔界ので甦り、幕府に復讐すべく、妖術で剣豪達を転生させる……という、山田風太郎傑作伝奇小説原作とした日本テレビ開局65周年記念作品だ。魔界衆に立ち向かう柳生十兵衛役の上川隆也へ期待感を聞いた。

【チケット情報はこちら】

「あの奇想溢れる自由世界観を持った原作が、戯曲としてどう料理され、編集ができない舞台という間にどう落とし込まれるのか。そこから立ち回りや、多様に移ろう各場面をどう創出していくのか。その全てが楽しみです」

そう話す上川は、20代の頃から山田作品のファン。中でも『魔界転生』は好きな作品のひとつだという。さらに、千葉一が柳生十兵衛を演じ、大ヒットした深作欣二監督映画でも知られる作品だけに、並々ならぬハードルの高さも感じていると話すが、なにせ演出は、ドラマTRICK』や『SPECシリーズなどで日本映像界に新たな地を拓いた堤幸彦。胸が躍らないわけがない。

テレビドラマにおいてさんがなされた一種の映像革は、個人的には“さん以前・以後”に分けられるくらい大きなものだと感じています。そうした感性で取り組まれる舞台は、これまで出合ったことのないようなものになるでしょうし、きっとさんも何か画策されているはず。余計な先入観をなるべく持たず、さんが描かれる絵の一になることを考えて臨むつもりです」

もちろん共演も魅的だ。天草四郎役は、近年、舞台出演が相次ぎ、めきめきとを伸ばしている溝端淳平。「外見はもちろん、気持ちも本当にいい男です。があまり人付き合いが上手くない分、彼が醸し出す柔らかな空気で補ってくれるのではと、そんな期待も抱いています」

そして、十兵衛でありながら悪と化す柳生宗矩役は、数々の時代劇で活躍してきた松平健上川とはこれが初共演となる。「きちんと対峙できるのかという不安もありますが、楽しみのほうが大きいです。よりずっと若い方達が、さんの技術や所作、立ち居振る舞いを、の当たりにできるのも素晴らしいこと。大な表現にはなりますが、“継承”にも繋がっていくように思います」

そんな時代劇の魅を、上川仲間との共同作業に最も感じるという。「立ち回りひとつにしても、決して簡単にできるものではないし、ましてやひとりでできるものではありません。だからこそ、皆で積み重ねてきたものが、ひとりでは絶対に到達できない領域に辿り着いたときのありがたさや、お客様が喜んでくださったときの嬉しさはひとしお。散々動いて舞台袖に戻り、肩で息をしながら“もう二度とやるか!”と思っても、そんなこと吹き飛んでしまうんです(笑)

演は10月6日(土)から28日(日)まで福岡博多座、11月3日(土・祝)から27日(火)まで東京明治座、12月9日(日)から14日()まで、梅田芸術劇場にて。ぴあではいちプレリザーブを実施。受付は5月28日()午前11時から6月4日()午前11時まで。

取材・文:岡崎

上川隆也 撮影:石阪大輔