阿部寛寺島しのぶ、豊斎藤工松重豊鶴橋康夫監督が、18日に都内で開催された映画『のみとり』の初日舞台挨拶に出席。阿部は自身の身長ほどあるシャンパンタワーに注がれたシャンパンを飲み、「美味しかったです」とご満悦の様子だった。

【写真】『のみとり侍』初日舞台挨拶フォトギャラリー

 歴史小説家小松重男の短篇集『蚤とり』を基にする本作は、エリート士・小林寛之進(阿部)が主人公。彼はたった一度の失言により、客のの蚤(のみ)を取って日銭を稼ぐ…と見せかけて実態は女性を喜ばせる添い寝業という設定の“のみとり”になるよう命じられてしまう。

 前日に甲子園のマウンドで始球式に挑んでいた阿部は、「体が痛いです」と苦笑。「届くのかなと思って。まあ、何とか届いたんですけど、やっぱりプロってすごいなと思いました」とった。

 「江戸NO.1のプレイボーイ」である清兵衛に扮した豊鶴橋監督と行った大阪キャンペーンについて「いろいろな豊さんのお話を聞いて、非常に刺になりました。また今後とも、何かあったら共演よろしくお願いします」とコメント。一方の豊は「男優同士で行くっていうのは、そういう特別な関係でもない限り、なかなかないことだと思うんです」と笑い、「仕事についてどういうに考えているかとか、役をどう捉えているかっていう、そういうことをすごく間近に聞くことができた」と述懐。「またよろしくお願いします」と阿部と再共演を誓い合った。

 寺島は、「すごく際どいシーンがあって、私、子供も生んだし、ちょっと大丈夫かな?と思って」と振り返り、「そこの部分を相談したら、監督が『オーライ!』って言ってくださったので、良かったなと思いますし、これからも呼ばれたら、なるべく、というか絶対やりたいなって思わせてくださる素敵な監督です」と笑顔を見せていた。

 当日は、阿部身長ほどあるシャンパンタワーを囲んで杯する一幕もあり、阿部は「美味しかったです」とご満悦だった。

『のみとり侍』初日舞台挨拶にて クランクイン!