タレントの草野仁さんを司会に、解答者の黒柳徹子さんら安心安定のスタジオ風景を毎週お茶の間に届けてくれるTBS系「世界ふしぎ発見!」。しかし、5月19日放送の「ニューカレドニアと日本の知られざる絆」番組収録では同番組始まって以来の異常事態が発生しており、長年レギュラー解答者を務めてきた野々村真さんが不在のまま収録が行われました。ど、どういうこと!?

【画像】同放送回のミステリーハンター・比嘉バービィさん

 1991年4月20日放送の第250回以来、27年間に渡ってレギュラー解答者として同番組に出演してきた野々村さん。この日の収録では、本番が始まっても解答席に野々村さんの姿はなく、まさかの事態に出演者からは「渋滞に巻き込まれた?」「正解が出せないのでヤケになった?」など不意のディスりを含んだ臆測が飛び交いました。ついにヤケになってしまったか……。

 野々村さんの等身大パネルを解答席に設置して番組は進行していきますが、レギュラー放送1223回連続解答という大記録を更新中なだけに事の真相が気になるところ。過去にはフジテレビ系「バイキング」の生放送に大遅刻した実績もありますが、どうやら今回は重要な密命を受けているようで、同番組からは「記録を断念してまで果たさなければならないその使命とは何?」「正解は5月19日の放送で!」と解きようがない難問も投げかけられています。普通に遅刻だったら面白いな。

野々村さんの等身大パネルを囲む出水麻衣アナウンサー、草野さん、黒柳さん (C)TBS