敗も9回に一矢報いる一発「彼よりセンター方向へ本塁打を放ったのはハーパーだけ」

 17日(日本時間18日)の本拠地レイズ戦で、大谷翔平投手が6号ソロを放った。「5番・DH」でスタメン出場し、3打席連続ノーヒットだったものの、7点を追う第4打席に意地の一発。試合は1-7敗し、3連敗を喫したが、18日(同19日)の試合へとつなげる快弾となった。センター方向へのホームランは今季5本メディアは、これがナショナルズスーパースターブライス・ハーパー外野手に次ぐ“メジャー2位”の本数であると伝えている。

 大谷は3打席まで相手エース右腕クリスアーチャーの前に安打。渡後最長の8打席連続安打となり、チームも大差をつけられて重い空気が漂っていた。しかし、二刀流右腕が翌日からの逆襲へ向けて、ムードを変える一発を9回に放った。1死で打席に立つと、2番手右腕プルイットの直球璧に捉え、センターへと運んだ。

 これが今季6本。そのうち、ヤンキース右腕セベリーノの内球を痛ライナー右翼に運んだ一発以外の5本をセンター方向に運んでいる。「ESPNスタッツ&インフォ」はツイッターで「ショウヘイ・オオタニが放った6本の本塁打のうちの5本がセンターへのものだ。彼よりセンター方向へ本塁打を放ったのはブライス・ハーパー(計13本のうち6本)だけである」とデータを紹介。センター方向への本塁打数では“メジャー2位”だという。

 また、完封負け寸前での一発に、地元オレンジカウティレジスター」のジェフフレッチャー記者は「ショウヘイ・オオタニがちょうど今、本塁打を放った。よって、エンゼルスは2試合連続完封を免れた」とツイッターで“速報”。MLB公式サイトエンゼルス番を務めるマリア・グアルダード記者も「ショウヘイ・オオタニが今シーズン6本本塁打を放ち、エンゼルス21回連続得点の記録を途絶えさせた」とツイートした。

 大谷本人は試合後、「もっともっとい段階で打てれば結果は違ったんじゃないなと思う」と悔しさを滲ませながらも「今日のこの1点が明日の1回につながっていけばいいなと思って、打席には行きました」と最終打席に向かった時の心を明かした。まさに、翌日へとつなげる快弾。連敗脱出へ向けて、気持ちを切り替えたいところだ。(Full-Count編集部)

9回に第6号となる本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】