JR西日本が夏の臨時列車を発表。東京発着にあわせて、新たに京都始発でも寝台特急「サンライズ出雲」の臨時便を運転します。

東京~出雲市間でも臨時「91号」「92号」を運転

JR西日本は2018年5月18日(金)、夏の臨時列車を発表。京都始発の寝台特急「サンライズ出雲93号」を運転します。

7月から9月にかけて、観光キャンペーン「山陰デスティネーションキャンペーン(山陰DC)」が開催されます。お盆の時期と、この山陰DCにあわせて、寝台特急「サンライズ出雲」の臨時便は、東京~出雲市間で上下計8本運転。うち1本は、京都発・出雲市行きで運転されます。詳細は次のとおりです(運転日は始発駅基準)。

●サンライズ出雲91号
・東京22時21分発→出雲市翌13時07分着
・運転日:8月11日(土)、16日(木)、24日(金)
・停車駅:横浜、大阪、三ノ宮、姫路、岡山、倉敷、備中高梁、新見、米子、安来、松江、宍道

●サンライズ出雲92号
・出雲市15時33分発→東京翌6時23分着
・運転日:8月10日(金)、15日(水)、23日(木)、9月14日(金)
・停車駅:宍道、松江、安来、米子、新見、備中高梁、倉敷、岡山、姫路、三ノ宮、大阪、横浜

●サンライズ出雲93号
・京都22時14分発→出雲市翌9時20分着
・運転日:9月21日(金)
・停車駅:大阪、三ノ宮、姫路、米子、安来、松江、玉造温泉、宍道

このほか、鳥取~出雲市間では、7月1日(日)から新たに観光列車「あめつち」の運行を開始。また、7月から9月にかけて、鳥取~米子間で臨時特急「大山」の運転も予定されています。

【写真】寝台料金なしで横になれる「ノビノビ座席」

東京~出雲市間で毎日運転されている寝台特急「サンライズ出雲」。2018年8月~9月には同区間に加え京都発下りの臨時便も運転される(2009年2月、恵 知仁撮影)。