産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社 愛媛県松山市 社長 宮内大介)のグループ会社 三浦工業(タイ)株式会社(以下、ミウラ タイ)(社長 村上)は、2018年4月1日より、タイバンコク(チャチューンサオ県)に新たな営業所を開設しましたので、下記のとおりお知らせします。

                        記 

1. 設立の

ミウラ タイ2014年8月に設立以来、製品であるボイラの輸出をはじめ長年に渡り多くのお客様にご用されております。現在のチャチューンサオ県から蒸気ボイラや処理装置の販売・メンテナンス等を行ってきました。今回、需要拡大に伴いバンコクおよびバンコク西部の営業・メンテナンス需要に対応するため、バンコクに新たな営業所を開設いたしました。

タイをはじめとするASEAN地区では、環境保全への意識が益々強くなっており、省エネルギー化に対応できるボイラなどのインフラ設備の需要が高まってきております。弊社では、貫流蒸気ボイラを中心としたMI(多缶設置)システムによる省エネルギー化をトータルで提案し、熱・環境の分野で環境に優しい社会、きれいで快適な生活の創造に貢献する企業としてタイでの環境負荷低減へ貢献したいと考えております。

2. 支店の概要


三浦工業株式会社の会社概要
三浦工業株式会社http://www.miuraz.co.jp/
・代表者:代表取締役 社長執行役員 CEO 宮内 大介
・資本954400万円(2017年3月31日現在
・設立:1959年昭和34年5月1日
・本社:愛媛県松山市堀江町7番地799‐2696
・従業員数:単独2,991名、連結4,950名(2017年3月31日現在)、グループ5,013名(うち海外1,393名)※正社員・準社員のみ
・事業内容:小貫流ボイラ・舶用ボイラ・排ガスボイラ・処理装置・食品機器・滅菌器・品等の製造販売、メンテナンス環境計量明業 等

配信元企業三浦工業株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ