幼稚園も年中さんくらいになると、自己もでてきますし、それぞれの個性がはっきりしてきます。子ども同士での役割が見えてきたりもします。

知ってて当然!? おしゃれママの常識「子育てワード」集(基礎編)

今日は『モンテッソーリ教育伸びる子を育てる』の著者で、日本・欧いいとこどり育児を提唱する平川が、親からは見えないクラス内での、子ども達の役割についてお話しします。

子どもクラス内でどんな役割を果たしている?

子どもクラス内での行動を観察していると、その役割はだいたい6つのタイプに分けられます。

リーダータイプ

クラスリーダーとして他の子を引っぱっていく子ですが、リーダータイプにも二通りあって、自分から仕切りたいと思ってふるまうボスタイプと、周りから一置かれてリーダー的役割を果たすタイプがあります。やはり、子ども達の中ではしっかりしている子が多いです。

フォロワータイプ

自分の意見や考えはあまりしません。表に出ることや争いがあまり好きではないので、押しの強い子についていきます。

やさしくおとなしい子が多く、先生の言うこともよく聞きます。

マイペースタイプ

ボスについていくわけでもなく、他の子とつるんで遊ぶこともあまりないマイペースタイプ。自分のやりたいことを自分のペースでやりたいタイプ。しっかり自分を持っているとも言えます。

コメディアンタイプ

みんなに注されることや、笑わせることが好きなコメディアンタイプクラスの中では場を盛り上げてくれる人気者的存在ですが、時にはしつこすぎて嫌がられたり、先生を困らせたりします。

お山の大将タイプ

このタイプは、総じて身体が大きく運動神経もよくて喧が強いです。男の子には、ちょっと憧れられるタイプです。リーダーになれる子もいますが、単にやんちゃさんというケースもあります。

旺盛タイプ

幼稚園児でも、年長くらいになると口も達者になってきて、友達先生の言うことを素直に聞かない子もでてきます。

このタイプの子は他の子が言えないようなことを言ったり、自己するのでクラス内では存在感があります。

このようなタイプクラスがうまくバランスが取れている時はいいですが、大きな幼稚園などでは、ボスになりたい子やお山の大将タイプが二人三人いると、ライバル関係が生まれ、大人と同じように閥のようなグループができたりもします。

子ども人気があるのはどのタイプ

子ども人気があるのはどのタイプ

さて、クラス内で、子ども達はそれぞれ個性を発揮するわけですが、子ども達はお互いのどんなところに注しているのでしょうか?

大人でもそうですが、自分にないものを持っている子には憧れを感じることが多そうです。

男の子同士の場合は、やはり大きくて強いお山の大将タイプ人気です。親や先生を困らせることはあっても、子ども達からはカッコよく見えるのでしょう。

また男の子はとにかく何でも1番になりたがります。手を洗う順番とか並ぶ順番とか、まあどうでもいいようなことにも競争意識が働きます。体の大きなお山の大将タイプは1番になれることが多いので、カッコいいと思われるのでしょう。

女の子同士の場合は、男の子ほどはっきりした人気の基準はないようです。一緒に遊んでいて面いとか、心地よいとかが基準で集まっているようです。

ただ、女の子は、やきもちや嫉妬心が男の子にべてく強く表れます。注を集める子を冷めたで見ることや、ちょっと意地悪な行動をとることもあります。

では、異性の場合はどうでしょうか?

男の子は、女の子べて精的には1~2年幼いので、異性に興味を持つより、男の子同士で戦いごっこをしている方が楽しそうです。

特定の子と言うより、自分より年齢の低い小さな子は「可愛い!」と感じるようです。

一方女の子は、年中くらいになると「◯◯君が好き」とか言い始めます。必ずしも優等生タイプがもてるわけではなく、コメディアンタイプやお山の大将タイプなど、やはりクラスの中で立つ存在感のある子に惹かれるようです。

子どもクラス子どものことを聞くときは?

幼稚園でわが子がどんな感じで、どんな子達とどのように遊んでいるのかは、なかなか見えないですね。おそらく家族と過ごしている時と集団の中にいる時とではずいぶん違うでしょう。

もし、幼稚園での子どもの人間関係を子どもに聞く時は、普段の会話の中でそれとなく聞くのがコツです。

「どんなことをして遊んでいるの?」

と遊んでるの?」

「面い子はいる?」

幼稚園のお友達にはどんな子がいるのかな?」

よく名前が出てくる子が、その子がよく一緒に遊ぶ子でしょう。

また、好きとか嫌いとかのはっきりした感情はなくても、その子にとって気になる子なのだと思います。

まとめ

お気づきでしょうか?

子ども達のクラス内での人間関係も、大人社会とそれほど変わりませんよね。

子ども達は、様々な個性を持った子ども達との関わりの中で、自分の立ち位置を模索し、タイプの違う子とどのように関わればいいのかや、自分の中に湧き出る様々な感情を処理する訓練をしているのです。

子ども子どもなりの社会で人間関係を学んでいるということですね。