ディーン・フジオカ演じるモンテ・クリスト・真海が、非情な手段で自分を陥れた者たちへ復讐をしていく『モンテ・クリスト伯—華麗なる復讐—』(フジテレビ系)。

17日夜10時より第5話が放送され、ついに「殺人」が起きる展開となった。

■真の悪魔が覚醒

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

神楽清(新井浩文)の妻・留美(稲森いずみ)が、かつて不倫の果てに出産した子供――安堂完治(葉山 奨之)と肉体関係を持つように仕向けた復讐鬼・真海。

そして、安堂の父親でもある入間公平(高橋 克典)が次の標的に。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

真海は外務省勤務でマレーシアに駐在しており、入間が選んだ未蘭(岸井ゆきの)の婚約者・出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻す。日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は未蘭の祖父である、入間の父・貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいと口にする。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

驚く出口に真海は冗談だと告げるが、入間家は貞吉の莫大な遺産相続で揉めていると吹き込む。

その頃、未蘭は市場で働く守尾信一朗(高杉真宙)に頼んでおいたダボハゼを取りに行き、貞吉の反対で結婚がなくなったことを話し、笑顔を見せていた。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

しかし、未蘭が帰宅すると出口がおり、入間は出口に未蘭が出口と結婚したら遺産は全て寄付するという貞吉の遺言を伝え、それでも未蘭と結婚して欲しいと出口に頼む。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

真海は成り行きを報告にきた出口に、未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえば良いと提案。真海は貞吉はすでに人殺しをしたことがあると話し、逡巡する出口に対し大胆な決断をするよう促す。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

出口が入間家へ訪れる日、出口の犯行を容易にするために真海は公平・瑛理奈夫妻を別荘へと招き、出口に関してある情報をリークしようとしていた。

そこへ突然、南条すみれ(山本美月)が招待客として現れる。真海が遠ざけようとしている理由を知りたいと思う江田愛梨(桜井ユキ)が、すみれが真海に会おうとする状況を利用し、密かに招待していたのだ。動揺する真海の気配をじっと見つめる入間だが、食事会は和やかに進む。

その頃、入間家では出口が真海の言った通りに、貞吉を消そうとしていた。しかし、死んだのは貞吉ではなく、出口。その死因は、かつて未蘭の母親が死んだ時と酷似していていた。

■笑顔で殺人を教唆する姿に…

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

真海が出口に「冗談」と笑いながら、殺人をそそのかす姿に多くの視聴者が恐怖で凍りついた。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

なお、出口を演じる尾上貴之は、ドラマ『シグナル』などでも殺人犯を演じていたこともあり、そのイメージが残っている視聴者も多いもよう。「この人に殺人を依頼するなんてタイムリーすぎる!」「また人を殺すのか!」と話題に。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

中には「殺人鬼が婚約者だったら未蘭ちゃんが殺されるんじゃない!?」と心配する声もあったが、殺すほうではなく、殺されてしまう予想外の展開に驚きの声が。

一方で、「まあ、今まで何人も殺してきたから仕方ないか…」と、別の役と脳内MIXして納得している人も。

■信一朗と未蘭

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

ドロドロした復讐劇の中で、癒しの時間を与えてくれる信一朗(高杉真宙)と未蘭(岸井ゆきの)の二人。未蘭が信一朗に頼んでいたダボハゼを取りに行き、ランチを食べるなどいい雰囲気に。ピュアすぎる二人のやりとりに、毎回のように視聴者はほっこり。

しかも、信一朗が未蘭に告白するシーンがあり、多くの人が盛り上がった。

「この二人だけがこのドラマの癒し」「幸せになってほしい」と、TLも唯一の癒しの二人の未来を応援する声で沸いていた。

■すみれが切なすぎる

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

真海に会おうと愛梨に連絡を頼んだり、別荘を訪れたりするすみれを見て、真海の正体に気づいていると多くの視聴者が確信。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

それだけにバルコニーでのシーン、すみれが真海を暖だと思うからこそする質問や、二人が交わす言葉のやりとりに「切なすぎる」と涙してしまう人が続出した。

また「すみれは死んだ」と口にし、徹底的に復讐することを決めている真海。もう二人のハッピーエンドは望めないのかと、残念がる声も少なくない。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

一方で、すみれと瑛理奈との会話では幸男(大倉忠義)が家事を手伝うエピソードのほか、明日花(鎌田恵怜奈)を膝枕で寝かせ、ベッドへお姫様抱っこで連れて行くイクメンな場面も。

自分の家族のことを思いやり、いいパパをしている幸男だけに、神楽エステートを訪れたシーンでは、幸男を悪く言われたすみれが神楽を思わずビンタする。この強烈な一発に、神楽役の新井浩文は実況ツイートでこのコメント。

しかし、このコメントの前には…

あの名作アニメを知っている人はもちろん、「作品は知らないけど、そのセリフだけは知っている」という世代も増えてきた鉄板ネタをつぶやき、「アムロ」リプライがしっかりついていた。

■気になる登場人物それぞれの動き

主人公と復讐相手となるターゲット、そしてその家族や彼らを取り巻く人々――と、登場人物が多いのもこのドラマの特徴。直接的に手を下すよりも「裏で操る」展開が多いだけに、それぞれの状況も気になるところだ。その様子を少しチェックしてみると…。

安堂と一夜を過ごすも、朝には帰ってきて神楽の朝ご飯を作る留美。その様子に驚く神楽も冷静になり、二人は今後も仮面夫婦を続けるもよう。

しかし、一見夢を追い求める青年実業家である安堂だが、留美が去った後にデリヘルを頼み、裏の顔をのぞかせる。果たして安堂は、今後どんな悪い顔を見せるのか?

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

また、貞吉と公平のシーンが迫力がありすぎるという声が多い。貞吉は全身麻痺で全く動くこともできず、セリフもないが、貞吉演じる伊武雅刀の眼力の演技には圧倒されるばかり。父と息子のぶつかり合いの場面は、思わず見入ってしまう人も少なくない。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

さらに、すみれだけでなく真海に忠実に従い、寄り添う愛梨も切ない。

わざとすみれを食事会に呼んだり、真海に復讐の目的を確かめたりするなど、彼女がどれほど真海を愛しているのか伝わってくる。そんな真海と愛梨の様子に、あの人がツッコミを入れる場面が。

愛梨演じる桜井ユキと真海演じるディーン・フジオカが漂わせる大人の色気に、思わず見とれてしまう視聴者も多い。

信一朗と未蘭の爽やかカップルとは違う雰囲気ながら、この二人の絡みを楽しみにする人も増殖中だ。

■瑛理奈がヤバい

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

今回、悪魔のような顔を見せたのは真海よりも瑛理奈。具体的なシーンは描かれなかったが、未蘭の家庭教師をしていた頃、薬学部の学生だった瑛理奈が出口に毒を盛ったことは間違いなさそう。

しらべぇドラマ班は、冷蔵庫にしまう前に不自然にボトルを見せるシーンや、鼻歌を歌いながら洗いものを片付けていた場面から、「あのハイボールに使う炭酸水に、毒を盛っていたのか…」と推測している。

出口の死亡した状況は13年前、未蘭の母親が死んだときと同じであり、瑛理奈が持っている小瓶にはまだ半分の液体が残っていた。前回まではただただ明るい妻の顔を見せていたが、瑛理奈のウラの顔に「やっぱり」という声が。

ついに本性を出した瑛理奈は、今回の行動を見る限り欲望を満たすためならば手段を選ばない女性のよう。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

この嫁がまた一波乱起こすことで、未蘭が危険な目に遭うんじゃないか――という心配と共に、その底知れぬヤバさに視聴者たちは心を躍らせている。

次回は、いよいよ幸男の暗い過去が明らかになる。愛梨は幸男に対し強い憎しみを抱いているようだが、二人の過去に何があったのか? 真海の正体に気づいていないように、愛梨の本当の姿にもまた幸男は気づいていないのか…。

予告動画には「ついに 怨敵を潰す」だけでなく、「鬼女たちの覚醒×男たちの崩壊」の文字が、不穏さを掻き立てる。瑛理奈だけでなく「鬼」を覚醒させる女性は誰なのか、それによって訪れる“死よりも残酷な結末”とは――第6話も、目が離せない展開になりそうだ。

《これまでに配信した『モンテ・クリスト伯』関連記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→土屋役・三浦誠己が『モンテ・クリスト伯』真海の姿と希望的結末を激白

(文/しらべぇ編集部・卯月

切なすぎる『モンテ・クリスト伯』真海とすみれの会話に涙する人が続出